« ある若手税理士の悩み | トップページ | 驚異の逆襲に感動 »

小型プロジェクタを買いました

今年2009年、事務所(VAN研)の経営計画の中に、月別の「重点計画」というのがあります。その8月の欄には、もちろんこの週末に開催する「長岡MG」が記入してありますが、もう1つ「プロジェクタ購入」が記入してあります。

書いた事柄は実現しなければなりません。

というわけで、先週大阪に行く前にY電機に足を運びました。既にカタログは数冊見ていましたし、研修仲間からのアドバイスも貰っていました。

第1のポイントは明るさ(ルーメン)ですが、さほど大きくない教室や会議室での使用が多いので、2000ルーメン以上あればOKでしょう。

次に投影距離(短焦点)です。最近は数10cmでも写る機種もありますが、まぁ1-2mであれば良しです。3つめは重さ(大きさ)ですが、これはもちろん小型軽量であれば良いでしょう。

というわけで、EPSONのEB-X6を購入しました。

明るさは2200ルーメン、ホワイトボード投影なら2m以内で十分、そして重さは2.8kgです。価格も、十分に予算の範囲内でした。10年くらい前に、前の会社で購入した時の何と1/6くらいです。


大阪から戻って、月曜日に現物を受け取りました。もちろん、事務所で早速テスト。バッチリです。使い勝手も良いですね。スクリーンはホワイトボード投影、あるいは施設のモノを使うということで、今回は購入を見送りましたが、将来は簡易型を購入します。


さて問題はソフトですね。以前はけっこうプレゼン資料をPPTで作成していたのですが、
最近は作りかけの資料がいくつか。

というわけで、これから少しずつ作っていかねばなりません。まずは9/18に予定されている講習会の「紙芝居」かな。これから、しっかり稼いで貰わなくっちゃね。

« ある若手税理士の悩み | トップページ | 驚異の逆襲に感動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/45985234

この記事へのトラックバック一覧です: 小型プロジェクタを買いました:

« ある若手税理士の悩み | トップページ | 驚異の逆襲に感動 »