« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

利益を作り出すアイデア力

今日から大阪4日間です。OA大会と、土日は「なにわMG」です。

先ほど伊丹空港に着きました。マスク姿は目分量で10%くらいに見えました。よって、マスクをしている方が目立ってしまう感じです。

もちろんちゃんと準備はしてきました。備えあれば憂いなしですから。

さて、宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/05/post_215.html

宇野さんも、今日からのOA大会とMGに参加されます。

充実の3日間になることでしょう。

今月末の「なにわMG」は予定通りです

関西地域の新型インフルエンザ騒動は、まだまだ終焉というわけにはいかないようです。ある分析によると、あと1週間くらいはピークの感染者数に上昇するとか。

さて、5/30-31に大阪(箕面市)で開催します「第4回なにわMG」についても、問い合わせが来ていますが、OA大会(5/29・千里中央)を含めて予定通り開催します。

以下、幹事長・まじゅろさんからのメッセージです。


大阪府、兵庫県ともイベント等の自粛要請解除となり、25日からは都市機能回復に取り組むということになりました。

このような状況となりましたので、
第1回なにわOA大会と第4回なにわMGは予定通り開催いたします。

なにわMG関係のガイドラインは

1)38度以上の発熱の方は参加をご辞退いただく
  体温計は会場で用意しております。
  参加費の返金・次繰りは当日朝の連絡でもご希望により対応します。

2)マスクと除菌テッシュは会場で用意しております適時お使いください。
  マイク巡回時や食事前に

以上2点です。

体調に気をつけられまして、当日お会いできることを楽しみにしております。なお、OA大会は満員御礼です。MGは残4名様です。

ということですので、皆様とお会いできるのを心より楽しみにしております。

「浅草の火事」から今を見る

昨夜は東京とんぼ返りでした。念のためにマスクを2枚持参しました。
東京駅で中央線に乗り換えた時に、ざっと車内の人数を目分量でチェックしましたが、いわゆるマスクマンは約20%というところに見えました。
さてさて、昨今の新型インフルエンザ騒ぎを見て、故・城野先生が言われた「浅草の火事」のことが頭をよぎったのです。

「浅草の火事」とは・・・

浅草で火事が起こったというニュースが流れると、それを聞いた人は浅草の全体が火事だという印象を持つ。さらには東京全体が火事で大変な状態だというような、感じでとらえてしまうようにもなってきます。
これは浅草から遠いほど、東京から遠いほどそうなる傾向があります。たとえば、アメリカにいたら日本全体が大火事みたいな受け止め方になるかも知れません。

しかし、事実(確定的事実)は「浅草のホンの一画が火事」なのであって、それは目立つ部分に過ぎないということです。

部分を見て、それがたとえ事実であっても、そのことで全体を判断してしまう。人の習い性としてそういう傾向があるということです。どうしても目立つ部分だけをクローズアップして見てしまうと、全体の真実を見損ねてしまうことがあるというのです。

それを今起こっている新型インフルエンザ騒ぎに当てはめてみると、自分としてはどういう行動をとるべきかが見えてきます。

事実は事実としてキチンと押さえつつ、全体をしっかり見つめる。

TVなどの報道は、目立つ部分を伝えます。目立たない部分を伝えても、視聴者は興味を持たないし、「売れない」からです。でも、主流は目立たない部分だということを頭に置いて、今一度事実をしっかり見つめて判断をしていきましょう。

週末はいよいよ大阪です。仲間情報によると、大阪では80%以上がマスクマンだそうですが、それは果たして全体なのかどうか。もう少しキチッと、そして最新情報を多角度から集めようと思います。

名古屋脳力開発セミナー・6月

名古屋では、昨年7月に脳力開発(USM)セミナーを初開催しました。今年は少し早めて6月に、ワンデーセミナーで開催いたします。

会場は、いつも愛環MGが行われているセミナールームをお借りします。地下鉄の上前津駅からも近くて便利なところです。

 1.と き  6月27日(土) 9:30~17:00
 2.ところ  鍋清第2ビル 5F研修室
         ・地下鉄上前津駅から5分 TEL) 052-321-9568

 3.参加費  15,000円(昼食代込み)
           ※他にテキスト代 1,000円/必要な方のみ

 4.持ち物  筆記用具。服装は普段着で
 5.交流会  研修終了後会場周辺で行います(自由参加)

なお、詳細のご案内はホームページに掲載しております。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200906nagoyank.pdf
定員は20名。ただ今すでに10名のお申込をいただいております。
お早めにどうぞ。

わたらせMG会場変更

6月の「第2回わたらせMG」の会場が、急遽変更になりました。

緑溢れる環境の中で、MGを通じて戦略経営・科学経営のポイントを身に付けましょう。

1.日 時  6/20(土) 10:00~20:00
        6/21(日) 9:00~17:00
2.会 場  古河ネーブルパーク平成館
3.講 師  板東秀行
4.参加費  23,000円
5.お申込  古河経営品質研究会・永塚守

詳細はこちら
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200906watarasemg.pdf

6月長岡セミナーご案内

地元・長岡市での脳力開発・USMセミナーは、6月の定例開催ですが、今年はワンデーセミナーで実施します。

 1.と き  6月13日(土) 10:00~17:00
 2.ところ  ハイブ長岡 2F研修室 ☆信濃川・長岡大橋袂のコンベンションホール
         ・長岡駅からバス15分 TEL) 0258-27-8812
         ・関越道長岡ICから車10分

 3.参加費  15,000円(昼食代込み)
         ※他にテキスト 1,000円

 4.持ち物  筆記用具。服装は普段着で
 5.交流会  研修終了後長岡駅前で(自由参加)

詳細のご案内はホームページに掲載しております。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200906nagaokank.pdf

今回の定員は15名、こじんまりとじっくり学んでいただく予定にしております。
奮ってご参加下さい。

あなたは理系?それとも文系?

連休GWが終わって、世の中ちょっと落ち着くかなと思ったら、またぞろ政治の世界がバタバタし始めました。どうなっていくのでしょうか。

世の中が、とくに経済状況や環境が大きく変化していく中で、政治の世界や官僚の世界だけが旧態然としたまま、残っているなどとはおかしいことです。変わって当然、ということだと私は思うのですがねぇ。

さて、宇野Proさんのマトリックス通信
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/05/post_214.html

私は文化系を自負していますが、あなたはどうですか? 官僚の世界は文化系が牛耳っているように見えるのですが、やはりこれからは理系のセンスも備えていないといけないのでしょう。

事業経営は、まさに社長のバランス感覚が判断基準、意思決定のカギになりますから一方に偏らないことが大事です。

そんな宇野さんの長岡セミナーが、来週19日に迫りました。まだ定員に余裕がありますので、ぜひお申し込み下さい(今週いっぱい締切を延長しています)。

■長岡セミナー案内はこちら
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200905mqkaikei.pdf

第2回わたらせMGご案内

MGセミナーは単に経営の疑似体験や会計の勉強というだけでなく、戦略思想・哲学や行動学、人間学までを感じることのできる研修です。

古河経営品質研究会(茨城県)主催のMGを、昨年12月につづいて開催します。

①日時   2009年6月20日(土)~ 21(日)  定員30名
        (初日10:00開始 20:00終了  2日目 09:00開始 17:00終了)

②会場   古河スポーツ交流センター
         古河市大字立崎510-1
         電話 0280-22-3500 FAX  0280-22-6896

③講師   ヴァンガード経営研究所 板東秀行 (西研戦略MGインストラクター)

④受講料  23,000円 (別途で宿泊費3500円・宿泊者交流会2000円)
         ※同一社で複数参加の場合2人目より受講料は20,000円

⑤持ち物  鉛筆(ボールペーン不可)・消しゴム、電卓(大きめのもの)またはポケコン
        洗面用具(タオル着替え等)。軽装でどうぞ!、ネクタイ不要です。

■申し込み先  古河経営品質研究会 永塚 守
            ※FAXにてお願いいたします。FAX 0280-98-0304

■お問合せ  090-3526-0282
          (留守の場合お名前をいれてください。折り返しお電話します)

詳細については、下記のアドレスからどうぞ(PDF)。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200906watarasemg.pdf

人並みのGWですが

今年のGWもいよいよ後半戦、製造業では10何連休というところもあって、次の日曜日まで休みのところもあるようですが、一般的には明日が最終日。

我が家は私が28日から(もっとも28日はお葬式でした)、娘が2日から、そしてカミさんが3日からのGW休みでした。

私としてはのんびり寝て暮らす、といきたかったのですがそうもいかず、3日と4日は少し遠出をするかということになりました。3日は娘のリクエストで、県北阿賀町(旧津川町)で夕方から行われる「つがわ狐の嫁入り行列」を見物に。

幻想的な中にも楽しいお祭でした。何しろ、花嫁さんや仲人さんはもちろん、警備のお巡りさんまで狐のメイクですから。町中で楽しんでいるってかんじでした。

そして4日は「ETC休日特別割引」を目一杯使おうということで、日帰り範囲を探し、飛騨高山に行ってみるかということになりました。片道6500円が1000円、ざっと4時間半のドライブというわけです。

高速道路(北陸道)はいつものGW休日の倍くらいの車かな、という感じでした。何より普段は殆ど見かけない地域ナンバーがいっぱい、中には鹿児島とか高知とか釧路なんていう名前も。

幸い富山西ICまでは渋滞もなく、ほぼ予定通りの進行。と思ったら、無情の「事故渋滞17km」の電光掲示が。それを横目に、渋滞直前の呉羽PAに飛び込み、トイレと昼食を済ませてしまうことにしました。

再び本線に戻ったら渋滞がつながっていました。途中ちょっと流れたモノの、東海北陸道への分岐点・砺波小矢部JCTまでノロノロ、さらにその先もノロノロ。一時は高山は無理かなと思いましたが、意を決して進み続け、到着は予定より1時間遅れでした。

帰り道は、2ヶ所短めの渋滞(自然渋滞と事故渋滞)がありましたが、ほぼ予定時間で自宅に戻ってきました。TVでは30km、40kmを越すような渋滞のニュースをやっていましたが、幸いそんな大渋滞には巻き込まれずホッとしました。

それにしても、私もそうなのですが「1000円」に心動かされて車旅行された方は、相当多かったのでしょう。でも、考えてみるとガソリン代を使い、空気を汚してというのはどんなものでしょう。

事故もけっこう多かったようですし、確かにSAやPAでの食事や買い物など個人消費も多かったとは思いますが、果たしてどこまでの経済効果があったのでしょう。うがった見方をすると、潤ったのはJH傘下の身内業者だけ?

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »