« 会計は難しい! | トップページ | 人並みのGWですが »

「原点の確認」と「人材教育」

世の中はGWまっただ中。天気も全国的に連休中はまずまず良さそうです。

そこに水を差したような今回の「豚インフルエンザ」騒動、しかもどんどん拡がりを見せているようで気がかりですね。海外旅行の予定は目下のところありませんが、周りにはいらっしゃいますから。

さて4月も今日でおしまい、2009年も1/3(121日)が終わろうとしています。おかげさまで開業2期目もここまでは順調に推移しています。

支援コーディネーターの仕事でお伺いすると、「どうしたらいいでしょうか」といった感じの話が多いのですが、中には前向きに考えておられる経営者も少なくありません。

そういう方にお会いするとこちらもついつい前のめりになって、今こそやるべきこととして「原点の確認」と「人材教育」を強調しております。あるいは、自社の強みと弱みをしっかりつかみ直す好機ではありませんか。

人員配置の見直しもお奨めしています。そのポイントの1つは多能化、もう一つは潜在能力の発見です。あるいはベテランから若手へのスキル継承。若手に新しいテーマを与えたり、PTでのバズセッションなど明日に向けての行動が大事です。

何より、「社長は真剣に(ピンチに)立ち向かおうとしている」と、社員さんが感じてくれることこそ重要なことなのです。

手前味噌ですが、私の脳力開発・USMセミナーではこの辺りの頭の切り替え、あるいは行動の要諦を学ぶことができますよ。5月は古河(茨城県)、6月は長岡(新潟県)と名古屋市で開催いたします。

セミナーの詳細は下記ホームページからご高覧下さい。
http://www2.atpages.jp/vanken/

« 会計は難しい! | トップページ | 人並みのGWですが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/44841602

この記事へのトラックバック一覧です: 「原点の確認」と「人材教育」:

« 会計は難しい! | トップページ | 人並みのGWですが »