« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

「原点の確認」と「人材教育」

世の中はGWまっただ中。天気も全国的に連休中はまずまず良さそうです。

そこに水を差したような今回の「豚インフルエンザ」騒動、しかもどんどん拡がりを見せているようで気がかりですね。海外旅行の予定は目下のところありませんが、周りにはいらっしゃいますから。

さて4月も今日でおしまい、2009年も1/3(121日)が終わろうとしています。おかげさまで開業2期目もここまでは順調に推移しています。

支援コーディネーターの仕事でお伺いすると、「どうしたらいいでしょうか」といった感じの話が多いのですが、中には前向きに考えておられる経営者も少なくありません。

そういう方にお会いするとこちらもついつい前のめりになって、今こそやるべきこととして「原点の確認」と「人材教育」を強調しております。あるいは、自社の強みと弱みをしっかりつかみ直す好機ではありませんか。

人員配置の見直しもお奨めしています。そのポイントの1つは多能化、もう一つは潜在能力の発見です。あるいはベテランから若手へのスキル継承。若手に新しいテーマを与えたり、PTでのバズセッションなど明日に向けての行動が大事です。

何より、「社長は真剣に(ピンチに)立ち向かおうとしている」と、社員さんが感じてくれることこそ重要なことなのです。

手前味噌ですが、私の脳力開発・USMセミナーではこの辺りの頭の切り替え、あるいは行動の要諦を学ぶことができますよ。5月は古河(茨城県)、6月は長岡(新潟県)と名古屋市で開催いたします。

セミナーの詳細は下記ホームページからご高覧下さい。
http://www2.atpages.jp/vanken/

会計は難しい!

この土日は軽井沢で、MGセミナーでした。

このセミナー、開催2ヶ月前にはもう定員(36名)に達し、キャンセル待ちがズラリ並んでいたとか。現に、私の事務所にも「軽井沢MGが満杯なので、すぐに受講できるMGはありませんか?」という問い合わせがありました。

でも、スタートから7年半、決して平坦な道ではなく時には半分にも達しないこともあったということです。でも、主催者のお二人はタッグを組んで、「継続しよう」という強い決意でここまでやってこられました。

だからこそ、やがてそこに二人と意気投合する仲間が訪れるようになり、その空気を共有したいと思う全国の仲間たちが集まってくるようになったのです。

MGにはそういう空気があるのです。「あの人と一緒にMGをやりたい」と思う心があるいのです。そんな研修って、世の中に殆どないのじゃないでしょうか。

その軽井沢MGに、今回は宇野Proさんの顔が見えませんでした。風の便りにちょっと体調を崩したなんて言うことも聞きましたが、きっと大丈夫でしょう。5月19日の長岡セミナーも、おかげさまで参加申込者が増えつつあります。

今回の宇野さんのマトリックス通信は「会計は難しい!」ですが、そう感じている経営者の方は非常に多いです。MGをやってくれたらいいのに、と思うこともしばしばです。

でも一度では「難しい、分からない」という状態は変わりません。3回、4回と続けていくと、ある日目から鱗がポトリと落ちるのです。私もそういう体験者の一人です。

では通信の方をご覧下さい。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/04/post_213.html

USM(脳力開発)セミナー・5月古河

今月のUSM・脳力開発セミナー九州シリーズに続いて、5月の(茨城県)古河セミナーもツーデー・プレミアムコースとして開催します。

東京では7月と11月にワンデーセミナー開催を予定していますが、2日間のケースメソッド付きプレミアムコースは、今年はあと古河と福岡のみになります。
東京から古河へはたったの1時間、新宿や渋谷からも直通電車(湘南新宿ライン)が走っています。どうぞ奮ってご参加下さい。

1.会  場   古河市・ネーブルパーク研修センター「平成館」
2.日  時   5/16(土) 10:00~18:00 ※終了後交流会
           5/17(日) 9:00~16:00
3.講  師   板 東 秀 行(ヴァンガード経営研究所代表)
4.参 加 費  25,000円(資料代・食事代・宿泊費込み)
           ●テキスト代 1,000円
5.お 申 込  古河MG研究会 鈴木健司  TEL)090-3043-0765

詳細の案内はこちらからどうぞ。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200905kogank.pdf

【5/19】戦略MQ会計セミナー

MG仲間で、このブログでも<マトリックス通信>を掲載させていただいている宇野Proさんを、講師に迎えて、長岡で「実践!戦略MQ会計」セミナー」を5月19日に開催させていただきます。
このセミナーは、経営者や経営幹部の方はもちろんですが、税理士・会計士と言った会計プロの方にもぜひ聴いていただきたい内容です。必ず、明日の企業指導にも大いに役立つはずです。
セミナーの概要は次の通りです。

1.日 時 5月19日(火)
       ・第1部 9:30~11:30
       ・第2部 12:30~16:30

2.内 容 (第1部)決算書は経営に使えない!
       (第2部)じゃあこの先どうする?!
            戦略会計入門・儲けるための原価計算

3.会 場 長岡新産卸組合会館 2F大会議室 Tel.0258-46-2001

4.講 師 (株)アイティーエス 代表取締役・宇野寛

5.参加費 第1部のみ 3,000円
        第2部のみ 6,000円
        通し参加  9,000円

6.定 員 30名

7.お申込 ヴァンガード経営研究所
       Tel.& Fax. 0258-33-5031

詳細案内は下記からどうぞ。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200905mqkaikei.pdf

「はまかぜ」はあと1年

気動車特急はキハ80型「はつかり」を嚆矢としますが、すでにキハ80・82はなく、その後継の高出力勾配専用に投入されたキハ181系も、JR西日本の「はまかぜ」を残すだけになりました。

キハ181は最初の登場(「しなの」)から約40年、高出力とはいえ車体重量もあって、最高速度も120kmと新快速電車や「スーパーはくと」の130kmに及びません。また勾配区間での均衡速度も低く、今や少し時代遅れの感じが否めません。

先月、JR西日本は「はまかぜ」に新型気動車を投入することを発表しました。基本3両編成で、最高速度も勾配均衡速度も向上させ、現在よりも大幅にスピードアップすると共に、客室内のアコモディションも高水準にするようです。T_7080431

投入は来春ということですので、181系「はまかぜ」の姿が見られるのも、あと1年足らずになりました。その後も団体・臨時列車用に残る可能性もありますが、いよいよ終焉が近付いてきました。

なお、写真の余部橋りょうも現在新しい橋梁工事中、こちらも見納めの日が近付いています。

税理士事務所・会計事務所の120%活用術

今週は肌寒い日が続いています。先週やこの日曜日に比べると、越後長岡の気温は10度くらい低くなっています。今朝は少しばかり暖房のスイッチを入れました。

少しばかり季節が右往左往している感じですが、それでもソメイヨシノはもう終わりに近付いているようです。代わって八重桜や山桜の花がこれから満開に。それが終わるとツツジの季節でしょうか。

さて、宇野Proさんのマトリックス通信ですが、その中に表題「税理士事務所・会計事務所の120%活用術」という小冊子が紹介されています。

この小冊子は、実際に会計事務所に勤めておられる松田佐吉さんが、まとめられたというものですが、私もこれから拝見したいと思っているところです。

ではマトリックス通信をどうぞ。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/04/120.html

さて、今週は第1回のえちごMG。県都・新潟での開催ですが、ちょっと努力が足りなかったのでしょう、目標人数には及びませんが、その分初めてMGを体験する方にもじっくり、ゆっくりと学んでいただけるでしょう。

またベテランの方にももう一度基本を正しく認識いただく、良い機会になると思っているところです。準備は完了しました、あとは明後日当日を待つばかりです。

新潟方面でMGに興味をお持ちの方、ご見学も自由です。土日の昼間、朱鷺メッセの3階・305会議室を覗いてみて下さい。

今週末は「えちごMG」です

昨日ほどではないようですが、今日の越後長岡も常春の陽気です。夜半に雨が降ったようなので、その分ちょっと気温を下げてくれたようです。もっとも明日からは雨模様になってくるとか、満開の桜の花に雨はねぇ。

さて、今週の土日は初めて新潟でMGセミナーを開催します。10年以上以前に、点塾さんが定期的に開催されていた時期がありますし、その後もワンデーセミナーなどが他の団体で企画されていたように聞いています。

実は、新潟はかつてMGの「聖地」とも言われておりました。1987年に亡くなった元SCTの佐々木隆さんを筆頭に、全国の皆さんから目標とされるMGシーガルや企業があったわけです。

その伝統は柏崎MGや、手前味噌ではありますがVAN研の長岡MGに引き継がれています。しかし、どうしても佐々木さんのいた新潟でやりたい、それが私の永年の夢でもありました。

今回その夢が実現します。私の力不足で、今回は予定していた参加人数には及びませんが、それでもこれを礎として継続開催を目指していきます。1回目よりも2回目、3回目と積み重ねることで参加企業を増やしていければと。

その為にも、せっかく参加いただく皆さんに「来て良かった」、「明日からの仕事に活用できる」と言っていただける2日間にして参ります。

どうか皆さんも、次回またその次の機会に学びにお越し下さい。

税理士なのにマトリックス会計表が書けない!

10日余りの「遠征」から、ようやく戻って参りました。 2日に長岡を出発する時には、まだ早春の気候で薄いハーフコートを羽織っていたのですが、九州転戦中には邪魔になって送り返しました。

とくにここ数日の陽気は春や初夏を通り越して、各地の桜も一気に満開といった感じでした。 九州でのUSM・脳力開発セミナーも、2年連続の久留米、そして8年ぶりの佐世保と無事に終わり、おかげさまで来年の日程も早々と固めていただきました。

次のUSM・脳力開発セミナーは5月(16-17日)の古河、プレミアムコースでの開催です。その後、6月の長岡(13日)、名古屋(27日)はワンデー・ベーシックコースでの開催になります。

さて、5月はもう一つ宇野Proさんのセミナーも長岡で開催(5/19)されます。ボチボチ真面目にPRして、集客をしないといけませんね。

ではマトリックス通信もどうぞ。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/04/post_212.html

社長なのに決算書が読めない!

4月は昨年に引き続き、長期ロード(出張)です。

昨年と同じく久留米と佐世保ですが、今回は順序が久留米が先になりました。久留米のセミナーが金土でしたので、昨日の日曜日は移動に名を借りたミニ旅。ローカル列車を5本乗り継いで、鉄旅を満喫。

佐世保では号外を配っていました。例のミサイル(らしい?)発射のニュース。確かに天気も良くて、コートはもちろんブレザーも要らないくらいでしたからねぇ。

さて、宇野Proさんのマトリックス通信。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/04/post_76.html

タイトルが刺激的ですが、実際決算書を「正しく」読める経営者がどのくらいいらっしゃるでしょうか。PLの方は、売上や利益が明示されているのでまだしも、BSは数字を見ていても殆どお分かりになっていないかな。

そして税理士さんや診断士さんの作ってくれる分析資料を渡され、ますます???を深めているのではないのでしょうか。

でも、決算書自体にも問題があるのですよ、と宇野Proさん。

だからといって、自社の決算書さえ読めない経営者はいささかねぇ。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »