« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

【社長が嫌いな会計セミナー】

長岡MGには全国から参加者が訪れ、満員御礼でした。

今、各地のMG研修(西圏のMG研修)が盛況です。毎月開催されている東京MGなど、早い月には1ヶ月も前から「キャンセル待ち」がでるほどです。私も関わっている大阪の「なにわMG」第3回は11月末の開催ですが、すでに申込みが定員の半数に達しています。

今回の宇野Proさんのマトリックス通信は、そこに鋭く切り込んでいます。中小企業経営者の皆さん、あなたが勉強しないで一体誰がするというんですか?

良くも悪くも、あなたの会社はあなたの双肩にかかっているのですから、「いずれ機会があったら」なんて悠長なことを言っていては、間に合わなくなりますよ。

これを読んでしっかり考え直して下さい。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2008/08/post_171.html

長岡MG終わりました

8/23-24に、2年ぶりのアクアーレ長岡開催となった「第24回長岡MG」は、42名のご参加をいただき、無事に終了しました。

42名のT_8082401内容は、県外から19名と県内が23名。初MGが4名のほかに2回目の初心者が数名おられたが、決算を含めて進行は早く、西先生の講義の時間もたっぷり取ることができた。

また、先生の他にも各地から参加して下さった仲間が、決算解説やルール説明、キャッシュフロー講義など様々な場面で登場して、印象に残る話がたっぷり聞けた。かくいう私も、初日夜の「戦略会計講義」をやらせていただいた。

今回は、秋田(横手)から参加のITOさんが100期を達成、地元柏崎のKAWAGUCHIさんも500期に到達し、VAN研からささやかなお祝いの品を贈らせていただいた。

交流会も、前夜祭から一気に盛り上がり、MG初日終了後の交流会(3.5期)にはT_8082406ほぼ全員が参加された。当日は二次会はおろか、部屋に戻っての3次会以降も夜更けまでつづいたようだ。

成績より期数、期数より交流、交流から向上へという「MGの原点」を、きっと初参加の方にも感じていただけたと思う。

来年の日程(8/22-23)も決定し、引き続きアクアーレ長岡での開催ということで会場の仮予約も終えた。県外参加の皆さんからも「来て良かった」の声をいただくことができ、さらに弾みを付けて明日に向かおう。

【新潟】脳力開発セミナー・ワンデー

「ガソリンや灯油の値段が上がって経営が苦しくなった」、「公共事業が減って売上が落ちた」あるいは「政府や役所が何もしてくれない」など、たくさんの嘆きが聞かれます。

中には「世の中が悪い」とか「アメリカの景気が悪くなったから」・・・あなたの会社が良くなくなったのでしょうか? それが経営苦境の真の原因ですか?

脳力開発セミナーは、故城野宏先生が提唱された「脳力開発・情勢判断学」をベースとした実践的企業人財を育てる研修です。

ますます変化し多様化していく企業環境を前向きにとらえ、持てる力をフルに発揮し、さらに運をも味方につけていく、そんな強い企業人すなわち『戦略的人財』を育てていくことを目的としています。

受講対象者は主に経営者・後継者並びに経営幹部ですが、中堅社員や今後に期待される若い人材のステップアップ研修としても活用していただけます。

【研修の概要】
1.日 時 : 平成20年9月12日(金) 9:30~17:30
2.講 師 : ヴァンガード経営研究所代表 板東 秀行
3.会 場  :  新潟テルサ
          (交通) JR新潟駅南口からバス15分
4.参加費 : 8,400円 (税込・昼食別)
          ■テキスト『脳力開発入門』当日別売
5.持ち物 : 筆記用具、カジュアルな服装で
6.お申込 : FAXで [FAX番号0256-94-7488]
         (お問合せTEL 0256-94-7488 担当:加藤)

お申込受付、本日より開始しました。奮ってご参加下さい。

なお、VAN研ホームページより詳細案内がダウンロードしていただけます。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF08/0809%20niigatank.pdf

【社長!税理士に何を望みますか?(その2)】

残暑お見舞い申し上げます。
夏休みでもないですが、しばらくお休みしている内にオリンピックも始まりました。

宇野Proさんのマトリックス通信も溜まらない内に早めにアップします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2008/08/post_170.html

さて、来週はいよいよ『長岡MG』の開催です。

【社長!税理士に何を望みますか?(その1)】

暑中お見舞い申し上げます。

長岡では、1945年8月1日の長岡大空襲を追悼し戦死者を慰霊する「長岡まつり」が1-3日に行われました。2日3日夜の大花火には、新たに『天地人』花火も登場し、2日間で史上最高の85万人が酔いしれました。

さて、大企業の第1四半期決算が発表されていますが、その多くが減収減益。でも、決算書は果たして企業の本当の姿を写しているのか? というと、どうなんでしょう。

中小零細企業の場合は、殆ど税理士(事務所)さんにお任せというところが多いかも知れませんが、貴社の顧問税理士はキチンと経営のポイントを知らせてくれますか?

というわけで、宇野Proさんの辛口メルマガをご覧下さい。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2008/07/post_169.html

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »