無料ブログはココログ

« ブルトレ風前の灯火 | トップページ | 「新」でなかった銀行 »

2008年3月 3日 (月)

仏の顔は何度まで?

「赤福」が完全復活に向かっている。直営店での営業というニュースがついこの間だったが、今日はもう駅売店での販売というニュースだ。いや、それをとやかく言うつもりはない。私も「赤福」ファンだったから、早く駅に並んでくれないかと待っていた1人だからだ。それでもまだ、なんだか心に引っかかってしまうんだなぁ、相変わらずのへそ曲がりだけれど。お土産に買って帰れるなと思いつつも、当分はまだ買わないでおくかなと・・・とか。

ちまたにささやかれる裏情報など別にどうでもいいけれど、比較的短期間の間にここまできちゃったんだなぁと。そういう思いが抜けない、ホントにもう完璧なのかと。五十鈴川には近いけど、ホントにみそぎはできたのか。お伊勢さんの神前だが、二度と過ちは犯さないと誓ったのか。まさか、神罰の下ることはあるまいね。

« ブルトレ風前の灯火 | トップページ | 「新」でなかった銀行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏の顔は何度まで?:

« ブルトレ風前の灯火 | トップページ | 「新」でなかった銀行 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28