« 官僚機構の悪弊に一言 | トップページ | 手回しが良いのは? »

思想ある経営

赤福そして船場吉兆、白い恋人もそうだが、余りに悲しい事件がつづいている。吉兆には殆ど縁が無かったが、他の2つは何度も口にしていたしある意味ファンでもあったから寂しさを感じている。その他大小取り混ぜて、いわゆる老舗や一流企業の反社会的な失策が目に付く昨今だ。おそらく、表に出ないものも相当数あるのではないか。

いずれも、古くからの家訓や創業理念、経営理念といったものがしっかり確立されていたはずの会社で起こっている。気の緩みや油断なのか、あるいは慢心なのか、そこのところはよく分からないが、思想を忘れた経営に陥っていたことは確かだろう。家訓や創業理念、経営理念は、まさにその会社の経営ベースとなる思想のはずなのだ。

毎日毎朝朝礼などで、創業理念、経営理念、行動規範などを唱和する会社も多いことだろう。ただ漫然と習慣的に唱えているだけでは意味がない。時には経営者がその理念や規範に込められた思想・哲学、理念を創った人の思いを語るべきだろう。もっとも、その経営者自身が思想を忘れてしまっていてはどうしようもない。企業を受け継いでいく人間は思想家でも哲学家でもある必要はないが、正しく伝えていく伝道者ではありたいモノだ。

図らずも、今回一連の不祥事を起こした企業の経営者たちは、大多数の真面目な王道を行く経営者たちのために「見事な反面教師」になってくれた、と思えば少しは気が休まるだろうか。脚下照顧、己の姿をしっかり見つめ直したいモノだ。

« 官僚機構の悪弊に一言 | トップページ | 手回しが良いのは? »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/17136649

この記事へのトラックバック一覧です: 思想ある経営:

« 官僚機構の悪弊に一言 | トップページ | 手回しが良いのは? »