« 子供の言い分 | トップページ | お前もか!比内鶏 »

裏切られた信頼

赤福である。

事件が表面化してかなりの時間が経ったが、僕の気持ちの中での整理が今日までかかってしまった。余りのショックで思考回路がもつれてしまっていたらしい。結論はこうだ、「もう赤福は食べない、買わない」だ。

赤福との出会いは小学生の時だろう、誰かがお伊勢参りのお土産に買ってきてくれて、そのお裾分けで口にしたのが最初だろう。そして小学校6年生の修学旅行、大阪市内の小学生はその殆どが伊勢志摩に行く。その際に当時の赤福の店も見た(立ち寄ってはいない)し、お土産にも買った。もう45年も前のことなんだが。

社会人になってから、岡山や新潟に自宅を構えたので、関西方面に出張に出ると赤福か蓬莱(551)の肉まんのどちらかを土産に持って帰ることが多かった。駅の売店で気楽に買えるので、遅くならない限り大丈夫だったのだが、時には売り切れでがっかりすることもあった。その日に作ってその日の内に売り尽くすのだからしょうがない、とアキラメたものだったが。

その信頼が裏切られた。それも半端な裏切られ方ではない、腹立たしいを通り越して、あきれてモノが言えないくらいだ。

創業300年目だという。300年も続いてきた秘訣は、まさにお客様から信頼されることではなかったか。それ以上の秘訣もコツもないはずだった。だからこそ、僕自身もお客様であり続けてきたと思うし、またこの話を研修や講演ですることもあった。企業人として見習いたい、真似をしたい代表企業であり経営者であったのに、正に裏切られた。

それにしても、一体この国のモラルはどうなってしまったのか。

« 子供の言い分 | トップページ | お前もか!比内鶏 »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/16856280

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切られた信頼:

« 子供の言い分 | トップページ | お前もか!比内鶏 »