« びっくりが抜けてない | トップページ | 自動死刑執行制度だって? »

がんばれ!豪栄道

久しぶりにこれはという日本人力士が現れた。豪栄道、名前もいい。ここのところ上位力士との、それも三役・大関にぶつけられて跳ね返されてしまっているが、外連味無く頭からぶつかっていくところが小気味良い。小手先だけの技だとか、ただ体力にだけモノを言わせるような相撲ではない、そこに大きな魅力と可能性を感じるのだ。

今日は横綱・白鵬に挑戦するようだ。新入幕力士が横綱と本割で対戦するのは12年ぶりの快挙、結びの一番なら33年ぶりのことらしい。おそらく地力で言えば雲泥の差があろうが、豪栄道にも勢いがある。その勢いを、逃げも隠れもせず思いっきりぶつけて欲しいものだ。この取り組みが決まったときに、境川親方は「(審判部に)感謝する、ありがたいことだ」と言われたらしい。それも大いに潔い。

しかももし勝てば、優勝争いに踏みとどまるのだ。判官贔屓ではないが、応援してやろうという気にさせるところがまた良い。がんばれ!豪栄道。

« びっくりが抜けてない | トップページ | 自動死刑執行制度だって? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/16533111

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!豪栄道:

« びっくりが抜けてない | トップページ | 自動死刑執行制度だって? »