« 3人の孫たち | トップページ | 博多・志賀島脳開セミナー »

土佐さん、ありがとう

朝起きてTVのスイッチをひねったら、世界陸上の女子マラソンがスタートしていた。学生時代はずうっと陸上競技をやってきた縁もあって、世界陸上には注目していたのだが、ここまでの日本選手のふがいなさにはいささかがっかりしていたのだ。どんな理由があろうと、やはり自分の力を出せぬまま沈んでいった選手が余りに多すぎるから。

女子マラソンには5人の日本人選手が出ていた。層が厚いといわれる中からさらに選抜されたメンバーだけに、世間の期待も大きいものがあったろうし、陸連などはきっと祈る思いだっただろう。でも僕は少し醒めていた。30度前後の気温の中でスローペースの集団が、中間点を過ぎてもなかなかばらけてこない。日本選手も先頭集団でがんばっているが、、、

30kmを過ぎて少しずつサバイバルレースになって、日本選手も次々と脱落していく。土佐礼子さんも残り3kmのところで5位に落ちて引き離されかけた。正直、これでもう終わったなと僕は思った。しかし土佐さんの驚異の粘り、挽回する余力がどこに残っていたんだろう。4位そして3位の選手が落ちてきて、それをバネに上を目指していた。

僕にも遠い記憶がある。上の順位の選手が落ちてきて、それをかわして自分が1つでも順位を上げると、息を吹き返すのだ。

最後は目が潤んだ。土佐さんにただただ頭を下げていた。

« 3人の孫たち | トップページ | 博多・志賀島脳開セミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/16323165

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐さん、ありがとう:

« 3人の孫たち | トップページ | 博多・志賀島脳開セミナー »