« しばらくぶりですね | トップページ | ホンマに大丈夫か? »

また靖国の話

8月15日がやってくる。僕自身も戦後生まれ世代だが、この日が何を意味しているのかは十分に承知している。また、戦争体験者であった両親からその体験話を何度も聞かされた。亡父はシベリア抑留の体験者だったし、その話は余りしたくないようではあったが、時に重い口を開いてくれた。僕自身も、繊細で焼け落ちて廃墟になっていた工廠跡や、傷痍軍人(中には偽物もいたらしいが)を目の当たりにして育った。

ただ、自分自身が悔やむことは、それら両親の戦争体験談を自分の娘には殆ど伝えられなかったと言うことだ。幸いに広島には連れて行くことができて、平和記念館を一緒に見る機会は持つことができた。少なくとも平和に対する心根をつくる手助けは、して上げられたように思っている。

「8月15日」を知らない子供たちが増えているのだという。家庭でも学校でも、その意味を正しく教えていないのだろうか。確かに、今や僕たちの子供たちが、その子供に教えなければならない時代になっている。伝えていく内に風化し、また中身が細っていくことはやむを得ないとしても、「8月15日」の意味だけは正しく伝えて欲しいものだ。

さて、そこで靖国だ。僕は靖国を否定しようとは思わないし、諸外国から靖国参拝に対してアレコレ言われることについては怒りも覚える。しかし、僕自身は今の靖国には参拝したことがない。戦没者に対する哀悼の念は持っているが、それと参拝とは別だ。なぜなら、靖国には戊辰の役あるいは西南の役等で反官軍だった戦没兵が祀られていないからだ。それが唯一の理由で、たとえばA級戦犯合祀はさほど気にならない。

靖国に、河井継之助があるいは西郷南洲や桐野利秋が祀られたら、喜んでお参りに行くかも知れないが、どうもそういう機会はきそうもないようだ。今年の夏も、亡父の墓にお参りして、はるか「8月15日」を偲ぶことにしよう。

« しばらくぶりですね | トップページ | ホンマに大丈夫か? »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/16066729

この記事へのトラックバック一覧です: また靖国の話:

« しばらくぶりですね | トップページ | ホンマに大丈夫か? »