無料ブログはココログ

« あっぱれ!石川遼君 | トップページ | ANAのシステム障害 »

2007年5月24日 (木)

美しくない国を作る総理へ

通常国会もそろそろ後半戦に入ってきたが、今ひとつ論戦に「つかみ」というか「これぞ」というのが感じられないのは、与党野党とも参院選を意識し始めているせいだろうか。お互いの揚げ足取りというか、言葉の尻をとらえて埒もないやりとりを繰り返すことが、目立ち始めている。

このままではM岡大臣のナントカ還元水問題も、肝心の教育改革問題も、そしてここ数日話題の中心になり始めた年金問題も、いずれも不毛の噛み合わない質問と答弁に終始してしまいそうな感じだ。

だいたい、M岡大臣になぜ「本当のこと」を言わせないのか、総理の考えているところがよく分からない。自分を総理にしてくれた貢献者だから、あるいは現在の大臣から罷免・更迭大臣を出したくないからか、どうしてそこまで弁護するんだと不思議でしょうがない。とても「美しい国」を作ろうとしているとは思えないのだが。あれでは、教育問題を語る資格すらないではないか。

教育改革でもあっちへウロウロ、こっちへウロウロで、いくつかある委員会や審議会なるものの意見に振り回されている感じがぬぐえない。年金問題に至っては、もうあきれてモノも言えない。僕自身も転職を体験しているから、あるいは、厚生年金→国民年金→厚生年金となっているので、もしかしたら番号統合漏れや「ある時期の納付がない」と言われそうだ。30年以上前の領収書など持ってるはずもないじゃないか。

総理、あんたはもう「美しい国」なんて言わん方がいい。言えば言うほど、「美しくない国」になっていきそうだから。あんたの支持率が高いのは、野党の力不足と他に誰もいないということの裏返しに過ぎないよ。もちろん僕も支持しない。常識も倫理もしらないような総理に、自分の未来を託すわけにはいかないもの。

« あっぱれ!石川遼君 | トップページ | ANAのシステム障害 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しくない国を作る総理へ:

« あっぱれ!石川遼君 | トップページ | ANAのシステム障害 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28