無料ブログはココログ

« 連休喧噪 | トップページ | 当たり前ができない政治家 »

2007年5月 6日 (日)

親学とはオヤ!?ガクッ

先日「親学」なる提言が出されたらしい。ネットから引用してみたところ、次のような内容らしい。

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育てる
(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない
(3)早寝早起き朝ごはんの励行

(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す
(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施
(6)企業は授乳休憩で母親を守る

(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞
(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施
(9)遊び場確保に道路を一時開放

(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる
(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

極めて当たり前のことも多いが、余計なお世話も多い。言葉の揚げ足をとられそうなものもありそうだ。最も笑止なのは、改めてこんなことを提言として、教育再生会議が唱えなければいけないという現状だ。オイオイ、大丈夫かいって言いたくはならないか?

教育再生会議も低次元やなぁとは言いたくないが、まさかこんな提言をするために存在してるんじゃなかろうに。

« 連休喧噪 | トップページ | 当たり前ができない政治家 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親学とはオヤ!?ガクッ:

« 連休喧噪 | トップページ | 当たり前ができない政治家 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28