« 美しくない国を作る総理へ | トップページ | 死人に口なし・・・か? »

ANAのシステム障害

昨日東京からの帰り道、ANAのシステム障害にもろにぶつかってしまった。神田の界隈で一杯呑んでからという自身の誘惑を断ち切って、浜松町から羽田の第2ターミナルに早めに到着することにしました。というのも、メールなどの返信が溜まっていて、空港のネットカフェを利用したかったから。

ところが、ターミナル駅に着いてひょいと出発表示を見たら、何だか「欠航」の文字が躍っているではありませんか。そういえば、案内所にも人だかりができている。さらに詳しく表示を見たら、乗る予定の岡山行きに欠航のマーク、「17:55までの出発便はすべて欠航です」と、、、その17:55発なんだけどなぁ。

出発ロビーに上がったら人の波がうねっていて、おそらく問い合わせやキャンセルあるいは変更手続の列ができているらしいのだが、いったいどこが一番後ろだという感じ。係員もいるのだが、てんでに色んなことをやっているみたいで交通整理ができていない。とにかくつかまえて「ネット予約でまだ搭乗券を持っていない。どうしたらいいか」と聞いたら、とにかく並んでくれ・・・と。

搭乗券を持っていると郵送なりして、後から払戻金を振り込んでくれるようなチラシを配っているが、ネット申込はこの長い列に並ぶのか。18時以降の便は運行するらしい、しかしすべて満席で、空席待ちも受けられないと放送している。とにかく並ぶ。30分近く待ったところで「搭乗券を持っていない方は、後日電話をしていただければキチンと対応します」とのアナウンス。おいおい、もっと早く言えよ。係員にも徹底しておけよ。

幸い順番がすぐにきたのでカウンターへ。カウンターの女性たちの対応はしっかりしていて的確だった。空席待ちや隣地の空港への振替(空席待ち)も可能だと言ってくれたが、新幹線で帰ることに決めていたのでキャンセルしてもらう。払い戻しもすぐにやってくれ、深々と頭を下げられた。

急いで品川に向かいながら携帯から新幹線を予約。幸い「グリーンポイント」が溜まっていたので、グリーン席を確保。疲れていたから、この際はゆっくり帰りたい。品川駅で食べ物と飲み物をゆっくり買い込み、溜まっていた読書も岡山までにほぼ完了。

もっとも、午後の早めにネットを繋いでいれば、東京駅に着くまでには情報を得て手を打てたと反省もしている。臨機応変の対応はできたが、もし予約したのが最終便でそれが欠航になった場合や、代替交通機関がない場合はなど仮定を考えながら、「確認は早めにすべきこと」を心に銘記した。

« 美しくない国を作る総理へ | トップページ | 死人に口なし・・・か? »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/15232148

この記事へのトラックバック一覧です: ANAのシステム障害:

« 美しくない国を作る総理へ | トップページ | 死人に口なし・・・か? »