« この会社はなぜ快進撃が続くのか | トップページ | OB親睦会 »

とんでもないこと

必修の世界史に替えて受験科目を履修、その為に卒業できなくなるという「笑えない」話。それも全国各地から芋づる式に湧き出てくる。当然でしょう、あんなことはもうとうの昔から、それこそどこでもやってきているんだから。

でも情けないね、学校も生徒も。まぁ、生徒はいくらか被害者のように見えるけど、それにしたって「世界史など面倒なものを勉強しなくラッキー!」とでも思っていたのが主流だろう。世界史あるいは日本史の価値など、ほとんど分かっていないのだろう。だから「センター試験まで3ヶ月しかないのに、時間がもったいない」ナンテのたまう。

それにしても入試に世界史がある(選択科目?)のが、東大と京大しかないっていうのもびっくりだ。36年半前の僕の入試、日本史も世界史も選択したぞ。というより、僕の場合はこの2科目で合格したようなものだ。この2つは、満点あるいはそれに近い得点という自信があったから。

いずれにしても学校は狂っている。生徒はその犠牲者だ、とは思えないくらいに。

« この会社はなぜ快進撃が続くのか | トップページ | OB親睦会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/12428790

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもないこと:

« この会社はなぜ快進撃が続くのか | トップページ | OB親睦会 »