« ホームページのリニューアル | トップページ | 脳力開発セミナー »

珍しく政治の話

政治の話はブログでは余りしたことがない。別に理由などないのだが、公開に耐えるほどの中身ではないと言うことだ。だから、これから書くことも大したことではない、ただふと感じたままのこと。

鳴り物入りというか、既定事実のような形で発足した安倍政権だが、所信表明演説や代表質問への答弁を聞いていると、これは信頼に足る「日本の舵取り」かと不安になった。言葉に、一本筋が通った信念=政治戦略=が感じられない。官僚の作文棒読みと批判が出ているが、それにしたって自分の言葉がもっと出なければ。

何よりも答弁中の姿勢が良くない。原稿を一字一句間違いなく読もうと努力しているのだろうか、とにかく顔を上げている、真っ直ぐに議場を見据えている時間が少なすぎる。それは、まさに日本の現状・未来を見つめる大局的な眼でなければならないのに、あれでは・・・ああ、これは官僚社会主義たる日本の実情はほとんど変わらないのだろうな、と思われても仕方がない。少なくとも僕はそう感じた。

政治信念(これまで彼が言っていた話の範囲だが)のいくつかは、共鳴するところもあるのだが、また反対はするがぜひもっと聞きたいという中身があったはずなのだが、ここ数日で「勘違い」かなと思うようになった。いずれにしても、安倍という男の本質をしっかり見極めていきたいモノだ。

« ホームページのリニューアル | トップページ | 脳力開発セミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/12142355

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく政治の話:

« ホームページのリニューアル | トップページ | 脳力開発セミナー »