« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

会社のこと

本社(親会社)に帰任して3週間が過ぎた。そういえば、会社のことはほとんど書いていなかったのに気が付いた。

社名を株式会社トンボという。この7月1日に、テイコク株式会社からメインブランド名に社名を変更した。創業は明治9年だから、今年の春に130周年を迎えた老舗企業だが、同業には江戸時代創業もある。会社になった当時は帝国足袋といい、その後帝国興業を経て僕の入社前年頃にテイコクと改称していた。

社名のように足袋が発祥の会社で、今は作っていないが「キラク足袋」は有名ブランドT_5012203であったそうだ。(現在でも「トンボ足袋」は別の会社で作られているはずだが) その当時のミシンが社内に保管展示されている。 もちろん電動ではなく手回しのミシンである。当時からの「一針一針心を込めて」の伝統が、今に息づいている。

晴れの国岡山

秋晴れが続いている。先日の台風13号の時に少し雨が降ったくらいで、その後はずうっとからりとした晴天がつづいている。まさに「晴れの国岡山」の面目躍如と言ったところである。

おかげで、毎日のように市内のあちこちを巡っている。6千円で買った中古のチャリだが、それはそれで十分に役割を果たしてくれる。だいたい、基点(自宅または会社)から半径5km以内が行動範囲である。そのくらいだと片道20分以内でいくことができる。市内はほとんどアップダウンもないので、走るのはきわめて楽である。

今日も帰り道には、ネットで調べたドラッグストアへ立ち寄ってきた。ちょうど毎日常用しているサプリメントの1つが切れてしまったので、それを買いにいく。会社からさほど遠くなくて、しかも帰り道からもそう遠回りしない条件で店を選んでいるが、こういう時にはネット検索がもってこいだ。

あとは休日にゴルフ練習に行きたいのだが、幸いこれも自宅から5km圏に練習場が見つかった。とはいえチャリでは重たいバッグはかついでいけないので、3~4本くらいのクラブが入り、背中に背負えるバッグがほしいところ。これも、何とかこの土曜日には見つけたいと思っているのだが。

MOMOと再会

岡山に来て2週間余りが経った。岡山といえば路面電車、だが路線が通勤経路からは離れているので、町中に足を伸ばしたときだけしか出会うことがない。岡山電気軌道の誇る低床連接車のMOMOは、1編成しかないものだからなかなか出会う機会がなかった。たまたますれ違った時にはカメラを持っていなかったりする。

これまでは東山車庫と岡山駅前電停での写真しかなかったが、ようやく走行中のT_6092201MOMOをとらえることができた。場所は東山線の県庁通り電停、県立図書館に向かう途中だった。

ただ、残念ながらまだ乗車したことがない。まぁその内に乗る機会も来ることだろう。

「男の料理」が続く

自炊を始めて1週間あまり、今のところはほぼ毎日キッチリと続いている。とはいえ、スーパーなどでの買い物は「1人1日分」には多すぎるものが多いので、2日間に分けるとしても同じ料理では芸がない。かといって、そんなにレパートリーを知っているわけではない。

そこで役に立つのがインターネットでの検索だ。「○○を使った(料理)」と素材名を入れて検索すると、けっこう出てくるものだ。レシピも分かりやすく、ようし作ってみるかとそそられるものが多い。もちろんズバリ作るには素材が足りなかったり、調味料がないこともあるが、そこはそこで代用材料を工夫したりして楽しんでいる。

たくさん種類は作れないが、夕食ではとにかく1品は手作りすることに決めている。電磁調理台しかないが、レンジと組み合わせるとそこそこに調理できるものだ。さて、この「男の料理」だが、いつまで続くのか我ながら見物である。

「やくも」塗り替え進む

伯備線の「やくも」381系は今もなお陰陽連絡の要だが、いわゆる「スーパー」がなくなり、パープル系の塗色も徐々に塗り替えられつつある。その過渡期は当然ながら混色編成も出てくるわけで、写真の前3両と後3両でそれぞれ半々ずつの塗色編成。

今のところT_6091627は後継車両の話は出てこないが、初期の振り子車両特有の難点が解消されているわけでもない。お隣JR四国が性能アップ・乗り心地改善に意欲的なだけに、また「スーパーはくと」が人気なだけに次世代車両の投入も待たれるところ。

急行「みよし」

久しぶりに広島を訪れた。乗り継ぎの合間に、全国でももうほとんど見られなくなった「急行」の一つをカメラに納めた。ちなみに現在残っている急行列車は、夜行の「銀河」「きたぐに」「能登」「はまなす」と昼行の「つやま」「みよし」のみとなっている。

そして「T_6091607みよし」は、広島-三次(一部普通で備後落合)間に4往復も設定されている。複数設定は今や唯一の存在である。通常はキハ58系の2連(キハ58系急行としても唯一になってしまった)というミニ急行だが、これも老朽化でやがては消えていくのだろうか。平坦区間でも最高速度95km、勾配区間ではスピードも出ないわけだし、ぜひとも新型DC投入を望みたいところなのだが。

旧日銀岡山支店

新しい業務に就いて参考書籍が必要になり、図書館に行ってみることにした。最初は市立図書館の分館に行こうと思ったが、県立図書館の方が専門書は充実しているというので、そちらにした。県立が町中にあるというところが県庁所在地の良さだなと思う。地図で見ると岡山城の近く、県庁の前にある(16年前は別のところにあった)ので早速出かけた。

貸出カードを作ってもらおうとしたが、アパートの住所(番地)がなかなか思い出せない。メモしていた手帳を忘れたのでしょうがなく適当に書いて出したが、あとでチェックしたら合っていた。ただ郵便番号は思い出せなかった。
なるほど220532979_135、専門的な書籍は多くてけっこうこれからお世話になりそうだ。ただ全体に一般の読み物は少なく、こちらは市立図書館の方が良いそうだ。

行きはタクシーで行った(800円)が、帰りは歩いて会社に戻ったらちょうど30分かかった。2.5kmくらいなのかな。その途中の電車通りに面して、旧日銀岡山支店の建物が当時のままに健在だった。僕の大好きな建物で嬉しくなってシャッターを切った。(写真)

自炊始める

岡山生活ではもっぱら朝晩は自炊である。おそらく28年ぶりといったところだろうかなぁ、作る方はさほどでもないが後片付けが面倒だ。狭い台所なので火を使って作るものは1品か2品と決めて、あとは火を通さずに食べられるものか、またはレンジで温めるモノとした。

ごはんは朝しか食べない(夜はアルコールだ)ので、炊飯器で3合ばかり炊いてそ200609141844れを冷凍保存しておく。男の料理だとどうしても野菜不足になりがちなので、野菜ジュースも常備している。朝は納豆と卵、味噌汁に牛乳そして野菜ジュースかバナナ。

ちなみに今夜は野菜炒めと鳥のフライ、冷や奴(ネギと貝割れと鰹節)、キュウリ半分 とマヨネーズ。

自転車を買う

新居(アパート)から会社までは、普通の足で歩くと約18分だ。早足だと15分ちょっとというところだろうけれど、特に朝の出社時にはそう汗をかくわけにもいかない。やはり、チャリンコを買うべきかなと思うので、雨もやんだことだし会社が引けてから買いに行くことにした。

長岡では折り畳みのミニ自転車に乗っていたが、あれでは遠出は難しい。アパートから、品揃え豊富なスーパーまでは片道約3kmくらいあるし、図書館へも同じくらい、TSUTAYAへは4km以上あるだろう。それなりに丈夫な、変速付きが望ましいがこの際はぜいたくは言うまい。かご付きはおしゃれではないが、通勤時には当然それも必要だ。夕方には食料も買って帰らなければならないし。

ということで、中古だが丈夫そうなチャリを買ってきた。これで明日朝からはあと10分はのんびりできそうだし、少し遠出もできそうだ。

本社出社初日

いよいよ親会社(トンボ学生服のメーカー=株式会社トンボ)に出社。会社は家(アパート)から約2km、比較的ゆっくりめに歩いて20分、早足ならちょうど良い運動といったところか。ニューヨーカーのように、会社のロッカーに上着と靴とサンダルを置いておいて、スニーカーで通勤するといいかも知れない。まぁ、もう今週中にはチャリンコを買うつもりでいるが。

月曜日は全体朝礼なので、そこで本社全社員を前に帰任の挨拶をする。入社30年(1976年入社)とはいえ、その半分以上の16年半は新潟にいたわけなので正に「1年生」の気分。もちろん僕を知らない社員も多いし、僕自身はおそらく1/3しか分からないだろう。
朝礼後に社長より辞令をもらう。「管理本部長付専門部長」が新しい役割、格好良くいえば特命担当というところか。机は管理本部ではなく、監査室の中においていただいた。まずはたくさんある紙と電子の資料に目を通すところから始めた。

当面は本社の空気に慣れながら、ゆっくりと『仕事開発』をやっていくことにするか。

ようやく落ち着く

昨日の午後荷物が着いて本を除いてだいたい整理整頓したのだが、足らないものが続出して今日もレンタカーを借りて、ホームセンターを中心に走り回った。おかげで、ほぼ所定の物を購入できたし、本棚も適当な物が見つかった。これで何とか住み処らしい状態になったが、本の整理はこれからだ。それでもようやく落ち着いた。

夜は岡山県青年会館の常務理事・西口さん(YHのペアレント)に挨拶に行く。ここも歩いて15分ほどなので、これから週に1-2回は訪ねるつもり。時には「栄養補給」もお願いせねばならないかな。
明日はいよいよ初出社、といっても16年半ぶりの「出戻り」なのだが、本社の空気を吸うのも久しぶりなので少しワクワクしている。天気もどうやら雨ではなさそうだし、早起きして歩いていくことにしよう。

岡山にやってきた

岡山にやってきて初日、日中はさすがに瀬戸内らしい残暑だった。
今日はレンタカーを借りて、まずアパートのキーを受け取り、生活に必要なモノの買い出しに走り回る。生活用品を揃えるというのは、なかなか大変なことだ。いくつかのモノについては後回しにしたが、ほぼ当初予定の通り買い進められたと思う。明日はそれらのセッティング、長岡からの荷物も夕方までには届くだろう。

久しぶりの岡山を車で走っていると、懐かしい風景が次々に飛び込んでくる。もちろん新しい建物も多いのだが、16年前にもあったところも数多い。
21年前に建てた「自宅」にも立ち寄ってみた。5年間だけ住んで、それ以後はずっと他人に貸しているのだが、周りの様子もかなり変わっていた。かつての思い出と、これから始まる新しい生活と、それらがまた何かを教えてくれるのだろう。

最終日も終わりました

トンボ繊維最後の1日も、けっこう忙しく過ごしました。机の中も空っぽにして、引継も完了しました。16年5ヶ月の間過ごした会社、一番の思い出はやっぱり2年前の中越大震災です。地震の当日、大きな余震が続く中で夜会社を訪れ、停電の事務所を小さな懐中電灯で照らし、足の踏み場もない惨状に呆然としたものです。

赴任当時に既に在籍していた社員が7人、今も残ってくれていますし、その後に入社した社員もみんな僕の「教え子」です。これからの益々の活躍を心から祈るばかりです。
会社を出る時には、みんなが玄関先に並んで送り出してくれました。大きな花束もいただき感謝。さようなら、トンボ繊維。

また「最後」が一つ

今週木曜日には、任地・岡山に向けて荷物を発送する。土日でほぼ9割くらいの荷物を作り終えた。あとは日常使っているものくらい、それにつれてトンボ繊維での仕事も今日を入れてあと3日。最終の引継確認というところかな。

ということで、今日の午後は残っていた代休消化を兼ねて、友人とのゴルフを楽しんだ。ホームコースでの「最後の」ゴルフになるかもしれない、午後からのスルー薄暮プレーを選んだ。最近はどうもドライバーがイマイチだが、今日も最後の2ホールまでは当たりが悪かった。つれて、バンカーショットも良くなかった。(そのくせよく入るのだ)
その分をアプローチとパターでカバーできたが、パーは東西各1つしか取れず仕舞いで、結果は48/49の97。やや不本意だが、調子の悪いなりに我慢ができたというところか。

次にホームコースでプレーするのは、来年のGWになるかな。雪が無ければ年末年始にもやれないことはないのだが、、、残り時間もあと僅かになってきた。

送別会

昨日2日の夜、会社の送別会があった。弥彦温泉の「みのや」さんに泊まり込み、全員参加の賑やかな会だった。16年間の思い出を諄々と語りたいところではあったが、挨拶は短めにがベター、赴任時の感想を述べるにとどめて乾杯。あとは、しっかりと呑んだ、そして歌った。二次会、三次会にももちろんつき合ったが、さすがに午前零時を過ぎる頃にはウトウトし出して、適当なところで切り上げた。

朝起きると抜けるような秋の青空、早速に露天風呂に入る。爽やかな空気が美味しい、まさに最高のご馳走だ。これでまた一つの区切りが付いた。

株主総会

昨日8/31、午後から行われた株主総会において、トンボ繊維の取締役社長を退任した。肩の荷が下りたというか、やはりホッとした気持ちと共に、16年半も専務・社長として仕事をしてきただけに寂しさもある。何だか複雑な感じだ。

それにしても、昨日の午後から今日親会社からの辞令をもらうまでは、僕は一体何なんだろう。トンボ繊維での肩書きは取れて、まだ正式辞令は出ていないから、足を付ける地が無くて宙ぶらりんの幽霊のような存在なのかな。とはいっても、仕事は今まで通りだし、それどころか夜には電気のトラブルがあって、社員に携帯電話で呼び出された。

ま、いいか。長岡生活もあと1週間。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »