« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

長岡MG終了

第22回長岡MGを、今年も西先生をお迎えして開催した。県内はもちろん、北は秋田県から南は長崎県まで42名の参加をいただいた。新たな出会いもあって、楽しい1日になった。

僕も2期のゲームから一緒にやらせていただくことになり、さてさてその結果はどうなるか・・・なかなか順調とは行かずに、リスクカードとくに「保険の効かない特損」に悩まされることになろうとは。

ところで、僕の転勤に伴いこの長岡MGは今回でいったん幕を閉じるのだが、柏崎のメンバーが一致協力して冬の「佐々木杯」に加えて、夏のMGも開催してくれることになった。何よりもこれが嬉しいことだ。夜の講義には千葉さんが特別講演、これは思わぬお得なラッキーカード。その後の交流会も大いに盛り上がった。

さてゲームの方は3期からマサヒデさんが好調、ラッキーカードにも恵まれて4期目もトップを好走。最終5期はB卓から上がってきた川口さん、松下さん、そしてA卓に残ったマサヒデさん、デュークさん、RYUUTOKUさんと僕とのマッチレース。

マサヒT_img_3012デさんの「神通力」が消えて大接戦になったが、何と何と僕がトップでゴールしてしまった。PQトップが1度もないままの優勝は久しぶりのこと。ということで、事務局優勝という最終結果だったが、トロフィーは来年からの柏崎夏MGに無事引き継がれることになった。

5.5期は恒例の小嶋屋、その後参加者の強い希望で「夕暮れ」交流会となって満足満足の3日間が、無事に終了した。皆さん、ありがとうございました。

OA大会

MUG新潟亀の会主催(トンボ繊維共催)の「新潟県OA大会」が、アトリウム長岡で開かれ、県内外から45名の参加者で盛り上がった。例年は11月に開催するのだが、今年はセミナーを11月にしてOA大会を8月開催、6名の発表者全部がMT(マイツール)業務事例発表だった。

それぞれ、実際のデータを使っての力の入った発表で甲乙付けがたかったが、最終的には㈱クマックスの伊藤友香さん(MUG新潟)が今年の「OA大賞」に選ばれた。易しいコマンドを順番に組み合わせて、自分のほしい、知りたいデータに加工するというMTの最も得意とする仕事を、見事に業務の中で活かされていた。

まとめの講T_img_3000義では西先生からMTの前身・PIPSからの開発秘話が語られたほか、東京から急遽参加してくれた手島YOさん(写真)から、最近の事例が紹介された。
終了後の交流会は明日からのMG研修前夜祭を兼ねていたが、30名以上の参加があって大いに話に花が咲いていた。

特急「白山」

T_0608251 8月26日に「懐かしの特急『白山』」が走るらしい。昨年は東京側、つまり上野-横川間で企画されたようだが、今年は金沢-長野間で走るようだ。昨今はこういう「懐かしの」企画も増えてきたようだが、残念ながら完全復活というところまではいかない。当時と車両が違ったり、今回のように走る区間が(新幹線ができたり碓氷峠が廃止されたりで)違ったり。
それはまぁしょうがいないことだが、「白山」で走らせるなら「白山色」で走ってほしいものだなと、ついつい思ってしまう。そこで自分のライブラリを探してみたが、ようやく1枚だけ「白山色」を発見した。廃止1年前の上野駅で撮ったものだが、ちょっとピントが甘いのは複写故勘弁していただきたい。

呑み会の連チャン

今週は呑み会が続いている。月曜日が長岡CCの開場40周年パーティ、昨日がメインバンクの納涼会、そして今日が長岡東ロータリークラブの夜例会だった。さすがに3連チャンは厳しい、コントロールして呑んでいるのだが、根がキライでないからついつい過ごしてしまう。その代わり、呑んで帰宅してからは水やお茶以外は口にしないことにした。以前だと軽くラーメンやソーメンといったところに箸が伸びるのだが、そこをキッチリ我慢している。
おかげで朝の目覚めはまずまずなのだが、呑み会続きでお盆休みからのウェイトオーバーがなかなか解消しない。この週末も研修後の交流会が続くので、調整は来週からになりそうだ。来週末には、泊まりがけの送別会が待ちかまえているし、夏バテせぬようにしなければ。

祝優勝とパーティ

夏の甲子園は、決勝戦としては37年ぶりの引き分け再試合。結局最後まで大接戦の末に、早実が悲願の初優勝を達成した。あの王さん(春は優勝しているが)も大ちゃんも成しえなかった「快挙」なんだろうな。勝負の世界はどちらかが勝ちで、どちらかが負けになる。厳しいことなんだが、そこから学ぶことも多いはず。両者の健闘に乾杯!

で、パーティだが、ホームコース(長岡CC)の開場40周年。今年は週刊ダイヤモンドで、全国のゴルフコースの中で116位に選ばれたそうだ。県内ではトップだという、高齢化に合わせて乗用カートが倍増され、ロッカーも新しくなった。残念ながら、当分はプレーすることも殆どないだろうけど。来週は遠来の友人たちと、多分「最後」のラウンドを楽しんでこよう。

炎天下のゴルフ

最高気温36度以上、それこそホールごとに水分補給というのが夏場のゴルフだが、ホームコースの開場40周年記念コンペということで友人の組に加えていただいた。
夏季休暇中は比較的涼しい部屋で過ごすことが多かったせいで、暑さに体が慣れるまでなかなかエンジンがかからず、前半は不本意なスコア。後半はいきなりのバーディチャンスこそ外してしまったが、ようやくアプローチが安定してきてスコアがまとまってきた。ところが油断大敵、調子が上がりかけると落とし穴があるものだ。結局は暑い中まずまずだったなぁという成績に終わった。

炎天下といえば高校野球もいよいよ明日が決勝。猛暑の中の連戦、自分にも(ジャンルは陸上競技だが)ああいう青春があったなぁと、毎年のように感じるこの頃だ。両者の、選手そして応援団の若き健闘に期待したい。

「この国のけじめ」

「国家の416367800x01品格」につづいて、店頭で見つけて買ってきた。前著が講演口述のまとめに対し、こちらは随筆集というべきもので、書かれている内容はもちろんイコールである。しかも、こちらには父・新田次郎さんとのエピソードなどもあって、別の意味でも楽しく読むことができた。
いずれにしても一貫して貫かれている『武士道』精神こそ、今の日本に必要なもの、そして失われつつあるものと理解できた。

忙しい夏休み

夏休み中である、とはいえ異動を控えていて何かと忙しい。大阪の実家にも顔を出してきたが、駆け足だった。往復の列車の中でじっくり本が読めたのが良かったが。
引継作業の中で、実は1つのデータファイルを誤って削除してしまっているのに気が付いた。幸い打ち出したデータがあったので、再度入力する作業を開始した。ようやく6割程度終わったが、まだあと少し残っている。仕事の再開までに何とか復活しないといけない、、、額に汗してもう一踏ん張りしなくては。

文理高校惜敗

今日から盆休み、のんびり過ごす・・・とはいかないようで、何かと用事が山積みの休暇になりそう。今朝はいきなり空がかき曇って、強風と雨、雷と大荒れでスタート。何となく前途多難を思わせたが、午後には夏空がしっかり戻ってきた。

夏の甲子園も今日が7日目、新潟県代表の日本文理高校も登場、春の大会ではベスト8まで進んだだけに期待も大きかったが、香川西高校に1-2で惜敗だった。当社でお世話をさせていただいている応援団のユニフォームも、この夏は1回でお役御免・・・うーん、残念。

モーニングセミナー 8/10

長岡西倫理法人会のモーニングセミナーに出られるのもあと4回、今朝の講話は三宮勇雄さん。県の体育協会でジュニアのゴルフ選手育成に駆け回られている方。ご自T_img_2982 身の学生時代は剣道をやられていて、警視庁時代にも活躍されていたという。
ゴルフを始められたのは、新潟(柏崎)に戻られてからだというが、その実力を買われて体協に招かれた。今は小学校高学年から中学生を指導されているのだという。一番気を付けていることは躾だそうだ。挨拶や服装、礼儀がダメな選手には愛の鞭をふるうこともある。
新潟では2009年に二巡目の国体が開催されるが、目標はそこで活躍できる優秀な選手を育てることとか。3年後を大いに楽しみにしたい。

長岡MG申込締切

今月26-27日の長岡MGは、おかげさまでほぼ定員に達しました。会場のアクアーレ長岡は50名くらいまでなら十分なんですが、ゆっくりと宿泊していただくためや、会場もゆったりということで7卓42名をもって申込を締め切らせていただきます。「どうしても」という方のためには、私自身の1名分をご提供いたしますが。(^^ゞ

今回が一区切りということで、本当に多くの方にお申込をいただき、ありがとうございます。なお、前日25日の「新潟県OA大会」の方は今少し余裕がありますので、ご参加をお待ちしています。

岡山は暑かった

岡山出張、9月から住む予定のアパートメントをじっくり外から見てきた。住宅地のど真T_6080702ん中、バス通りからも少し離れているのでやかましくはなさそう。近くにはいくらかの店もあって、飢えることもなさそう。(^^ゞ
それにしても、炎天下を歩き回ったのでさすがにフラフラ。岡山の暑さは17年ぶり、長岡の暑さとはまたちがうものだ。来月にはいくらか涼しくなっているだろう。

100系健在

東海道・山陽新幹線の100系といえば、一世を風靡し300系(のぞみ)登場前の主力車両であったが、すでに東海道から撤退して久しい。かつては2階建てT_6072401車両や、食堂車なども存在したのだが、時代の趨勢で短編成化された生き残りだけが山陽筋に残っている。
座席は2-2化されてゆったりしているが、実のところはそれだけ利用者が少ないということでもある。同じく短編成化された0系と共に、今しばらく活躍してくれることを祈っている。

フェニックスよ永遠なれ

長岡大花火2日目、昨日以上に夏らしい天候に恵まれた。河原では風も殆どなく、花火の煙が流れないまま次の花火が打ち上がるという状況だったが、大いに堪能できた。2尺玉の打ち上げが失敗に終わったが、幸い事故にはならなかった。
2発の3尺玉、そして最後のフェニックス花火も無事に上がった。水害と震災からの復興を願って始まったフェニックス花火だが、震災から2年経っただけで人々の記憶から薄れてしまうのか、資金集めに苦労した(している)のだという。
長岡人の心意気として、これからもフィナーレを飾るフェニックス花火を続けていってもらいたいと願うばかりである。
T_6080306_1 T_6080311_1

花火だぞぉ!

今年も長岡大花火の季節。当然に信濃川河原で花火見物、長岡にやってきて17T_6080217年間毎回河原に足を運んできた。今年もすごい人出、隣の方々と肩が触れあうくらいだがそれも又良し。
夕闇と共に花火がスタート、ナイヤガラ、超大型スターマイン、尺玉100連発、正三尺玉、そしてフェニックス花火。今年も最高に素晴らしかった。明日は家の窓から缶ビール片手に見物としゃれ込むかな。

祭だ、ワッショイ!

長岡まつりが始まった。間に合わせたように梅雨も明けて、祭気分が一気に盛り上がったのだが、午前中はなごり(?)の雨が降ったりして大丈夫かなって感じ。それでも午後には雨も上がり、夕方には夏らしいムードになってきた。
長岡まつりは、昭和20年8月1日の長岡大空襲、その犠牲者1400余名の鎮魂の意味がある。市内を流れる柿川では、恒例の燈籠流しも行われた。そして前夜祭がスタート、大民謡流しや御輿渡御を見物に出かけたが、これでしばらくは見納めになるかなと思うと、ちょっと感慨も深かった。明日からは大花火、スッキリ夏空を期待したい。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »