« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

モーニングセミナー 6/29

6月最後のモーニングセミナー、講話者は丸山勝総さん。会社の近くにある長岡ドーム(バッティングセンター他)の専務で、長岡市議会議員も務められている。この春不慮の事故で亡くなられた先輩議員のHさん、そのご縁と事故捜索を通じて感じたこと、これからやらければいけないと思っていることを淡々と語られた。
夜は同じく倫理法人会のイブニングセミナー、これには後任の公文専務にも同行参加してもらった。これまで会社としてやってきたことを、一通り体で感じていただきたいからだが、新たな仲間との出会いの縁を広げていってもらいたいのも大事なポイントだ。さて、どのように感じられただろうか。

当たり出したよ(^^ゞ

今日は後任の専務と、研修仲間のnobさんと3人でゴルフをやった。ホームコースでのゴルフもあと、何回できるだろうか。スコアはまぁまぁだったが、どうも午前・午後とも後半になると息切れしたようだ。5パットなんていうひどいホールもあったのだが、ショットは一時に比べて良くなってきたのは嬉しいことだ。
実はドライバーは、「藍ちゃんモデル」(ツアーステージ)を使っている。それが前回の柏崎、そして今日の長岡と良い感じに当たり出している。自分でもびっくりするくらいの飛距離もあった。こういうのは非常に嬉しいものですね。(^_=)

引き継ぎ開始

社長交代が決まって、今週から後任者との引き継ぎが始まった。何しろ業務が多岐に亘るので8月末までの2ヶ月間で、本当に大丈夫かなと言う感じもないではない。自分がいつもやっている仕事でも、改めて眺めていると無駄なところが見えたり、これは変えるべきだなと思うところもある。そう言う意味では、良い機会なのかもしれない。時には、やらなくては良いのにやっていることも見つかるかな。
後任者だけにでなく、他の社員とも引き継ぎが始まる。そうやって仕事を委譲していくチャンスだととらえている。「変化」を与えられたことを吉として、がんばっていこうと思っている。

今季最高スコア

小熊さんからのお誘いで、市内のビアレストラン主催のゴルフコンペに参加してきた。2年ぶりの柏崎CCだったが、曇り空でそれほど暑くもなく、時折良い風も吹いてスコアも今季最高だった。しかも久しぶりの80台、バーディも1つ(43/46 グロス89)、でも相変わらずパットがイマイチだった。それでも長いパットも入ったし、良きパートナーと楽しく回れたから満足。

6月脳開セミナー

今回はドタキャンもあったが12名の参加だった。県外からも2名、MGつながりのメンバーでさすがに学びの姿勢も前向き。チェックシートは一部変更したが、カリキュラムはいつものスタイル。最終まとめの「歴史に学ぶ」講義は、三国志の『劉備、孫権の妹を娶って帰国する』を取り上げた。長岡での開催も、次回10月で当面は休止なので力が入ったかも。
終了後は駅前でミニ交流会、ちょっと呑みすぎたかな。(^^ゞ

850円の価値

先週、新大阪駅で買ったお弁当に箸が付いていなかったことを書かせていただいた。(6/16「三りんぼう」) 販売店のホームページにクレームを書き込んだのだが、メーカーのミスで弁当本体に本来セットされているはずが付いていなかった、というのが真相だった。
実はそのメーカー担当者からもメールが届いて、丁重にミスを詫びられた。そこまではおそらく多くの企業がやることかなと思っていたら、電話がかかってきた。実はメールに日中の連絡先ということで携帯番号を書いていたのだが、そこに担当者のKさんから直接電話があったのだ。
電話でも非常に丁寧にお詫びを言われ、さらに代金をお返しするということだった。で、今日書留で代金850円が届いたというわけだ。中にはKさん手書きの手紙も添えられていた。

クレームに対する「模範」例を見たと同時に、自分たちはここまでキチンとやれているのかなと自省した。マニュアルだけでやれることではないなとも感じたし、誠意に頭が下がった。たかが850円、されど850円だと思う。
それにたいして、一遍の返信メールだけでチョンになった某社の対応はいただけないな、自分たちの会社はどちらを目指すか、すごく良い学びをさせていただいた。もちろん、またあのお弁当を買うことにしよう。

モーニングセミナー 6/22

今朝は、澤先生(法人スーパーバイザー・長岡市倫理法人会相談役)の講話。先生のお話をたっぷり聴くのもこれがラストチャンスだったかも知れないと思うと、ちょっぴり感慨深かった。思えば倫理法人会という存在を教えていただいたのは6年余り前だった。これまで学んできた「脳力開発」に、さらにプラスαを与えてもらった。
残された時間は少なくなったが、これからも学べるだけ学んでいこうと思う。何よりも人のご縁、ネットワークをいつまでも大切にしていきたいと思っているところだ。

「元気塾」参加者確定

来る24日の脳力開発・戦略行動学セミナー「元気塾:」の、参加申込を締め切った。今回は11名の申込だったが、県外から2名もお越しになる。いずれもMGの仲間で、東京MGなどでお会いした方だ。
繰り返し言っていることだが、MGの中には城野式脳力開発・情勢判断学の思想が色濃く繁栄されている。「戦略と戦術」から始まって、絶え間のない意思決定を導く情報収集と情勢判断、さらには相手を自分の思うように動かすレベルまで。セミナーでは、その根底に流れる思想・哲学の一端に触れていただく予定だ。
教えられるのではなく、自ら感じ取っていただき、そして行動実践へと結びつけていっていただければ幸いだと思っている。

同友会発表

新潟県中小企業家同友会に入会したのは、長岡に赴任した1990年の6月であった。唯一「新潟人」の友人であった、清水nobさんに勧められて入ったのだが、知り合いを得るために毎週のように新潟に通った。現在のような支部組織ではなく、当時は例会が毎週新潟市で開催されていた。
そこで耳にする経営体験発表は、すごく新鮮だった。本の中や講演で聞いた話ではなく、まさに生々しい体験そのものだからだ。しかも、その発表に対して参加メンバーが時には厳しい言葉も交えて、ガンガンと議論をするのだ。

それから16年、その同友会から去る日が近付いてきた。9月に戻る親会社は同友会とは無縁だし、仕事や立場上僕自身が(同友会に対して)積極的に動くことも考えられない。残念だが、今のところは仕方がない。個人的に行事参加することはあるかも知れないが、おそらく限定的だろう。
そんな思いを抱きながら、16年間の総括的な体験発表を昨夜の例会ではさせていただいた。これが新潟同友会での最後の発表になるはずだ。ありがとう、同友会そして同友仲間。

岡山からの帰り道

昨日17日は全国の販社が一堂に会しての会議があり、販社のトップとしてはおそらく最後の出席になったはず。終わってからの懇親会でも、気持ちがハイになっていたのか、少し酔ってしまった。それが為でもないのだろうが、どこかで右肘を擦りむいたのか痛い。
岡山での住まいもほぼ決めてきた。まだ正式に申込はしなかったが、ほぼそこに決めようと思っている。会社にもチャリンコで通勤できる距離だし、駅からもそう遠くではない。周辺の環境も悪くないし、利便性もまずまず。本社への出社日もほぼ決めたし、仕事の内容も概略が分かった。
新たな船出も悪くないだろう。長岡生活もあと80数日、立つ鳥跡を濁さないようにがんばることにしよう。

三りんぼう

岡山に出張だ。昨日は大雨だったらしいが、今日は一転して真夏の蒸し暑さ、運が良かったのか悪かったのか。
実は3つ悪いことが連続した。1つめは大阪・伊丹空港に着いて新大阪駅に向かうバスに乗ろうとしたら、満員で次のバスにしてくれと。せっかく切符も買ったのにと思ったが、払い戻すのも面倒でモノレールと地下鉄を乗り継いでいったこと。
2つめは新大阪駅で買った弁当を新幹線の中で広げたら、何と箸が入っていなかったこと。3つめはネクタイを締めようとしたら、内ポケットに入れていたはずのネクタイが途中で落としてなかったこと。しかもそのネクタイは、最も僕が気に入っていたモノだったって事。

二度あることは三度あると言うから、これでおしまいで、あとは良いことばかりだろうと自分を慰めた。それにしても重なる時って重なるモノだな、明日はきっといいこともあるだろう。

梅雨入りした

午後から雨、梅雨入りのようだ。西日本では大雨のようだが、明日はその雨が東に移ってくるらしい。

明日から岡山に出張だ。定例の販社会議だが、販社のトップとして出席するのもこれが最後になる。特に感慨があるわけではないが、3ヶ月後には立場が変わるということが現実なんだなと思った。人生戦略をちょっと見直してみないかい、という神の啓示かもしれないなとも。せっかく与えられたチャンスをいかに有意義に活かせるか、験されているのかも。

武士道精神で道義的責任を

村上ファンドの問題で、福井日銀総裁が出資していたことがつつかれている。総裁は就任前だからとさかんに逃げを打っているが、例えそうではあっても道義的責任は免れないのではないか。少なくとも国民に対して、大いに陳謝すべきであって、開き直りなんてとんでもないことだ。
ところでその投資金額は1千万円だというが、だとしたら政府の規制改革・民間開放推進会議議長のMさんの、道義的責任はどうなんだろう。この方は何しろ、村上ファンドの出発に際して40億円近くを出資しているのである。その殆どが自己資金というのも驚きだが、おそらくその同額以上のものを得たのではないだろうか。

投資が悪だなどとはいわないが、法網をくぐるようなファンドへの出資というところが意味深ではないか。こんな人が政府の規制改革・民間開放の主導者なのだ。小泉君の「改革」とやらの化けの皮がはがれそうな感じがする。その弊害があちこちで噴出しているが、昨今は何よりも国民の倫理が崩れてきているようで嘆かわしい。今こそ武士道精神が求められる時ではないのだろうか。 彼らは率先垂範すべき立場だと思うのだが。

「混沌」

406212520x09 高杉良さんの「混沌」(上下・講談社)を読んだ。『新・金融腐蝕列島』の副題があるが、シリーズ前作の「呪縛」「再生」もこの1年くらいで読んだ。かなりボリュームがあるが、面白く一気に読める。今回も上下巻を3日くらいで読み切った。
銀行名は仮名だが、それぞれが実際の銀行名と結びつくので、あそこのことだなと思いながら読み進める。現状の一歩手前のところの金融再編経済小説だが、この続編がさらに書かれるのかどうか楽しみもある。

それにしても、各大手銀行グループは巨額の利益を出した。東京三菱UFJ(小説の中では東都光陵とJFG)に至っては1兆円を超えた。だが税務上赤字ということで法人税は限りなくゼロ。公的資金は全額返すとのことだが、欧米の銀行やネット銀行に比べてサービスの低いことは今更いうまでもない。それで良いのか!?・・・が一般的な庶民感覚だよね。

負けて睡眠不足

W杯初戦、残念ながら逆転負け。あと10分、というところだったが、それまでに追加点を奪えなかったことで、気持ちが(守りに)引いてしまったせいなのだろうか。決勝トーナメント進出が非常に難しくなったようだが、これでかえって開き直りの気持ちが前面に出れば、今までにない力が発揮されるのではと期待している。

それにしても、試合の終わったのが0時前、、、11時にはいつも床に入る身としては厳しい。朝はいつもと殆ど同じように目が覚めるからいささか睡眠不足である。次の試合はいつだったかなぁ。勝ち試合を見て、心安らかに快眠したいものだ。ガンバレ!ニッポン

全国一斉清掃デー

倫理研究所の全国一斉清掃デーの今日、長岡市の3倫理法人会でも早朝の公園清掃を行った。今回は西法人会の提案で、新産センターの中央公園をやることになって、5時20分に集合、5時半から1時間みっちりと行った。
この公園、会社のすぐ近所なのだが、最近は余り訪れることはない。季節の花を車の中から楽しむ程度なのだが、かつては青年部主催の生ビール大会を毎年7月下旬に開催していたものだ。その大会後の清掃以来、久しぶりに公園の隅々を回った。
1時間たっぷり体を動かすと、早朝の曇り空だったがけっこう汗がにじみ出てくるものだ。おかげさまで朝から爽快、当分はこのイベントに参加することもないだろうが、また1つの区切りが付いた気がする。

モーニングセミナー 6/8

昨日のモーニングセミナー講話は、幹事仲間の棚橋豊さんだった。入会歴はまだ浅いのだが、何事にも正面からぶつかって真面目に行動される、若手のホープである。お父さんが脱サラして始められた薬局だが、彼は単なる2代目ではなく、自らも「創業」して経営と人材を育てることに全力投球されているT_6060803
『タマゴ』薬局と名付けられた、その思いもたっぷりと聴かせていただいた。企業(お店)の存続は、お客様の支持が第一としっかりと言い切られる。当たり前のことなのだが、それを常に念頭 において実践しておられるところが素晴らしいと思う。

脳力開発セミナーまで半月

戦略行動学セミナー「元気塾」は今月24日の開催予定、昨日現在で11名の参加申込で、遠くは千葉市からお越しになる。定員は特にないが、最大最適人数は15名程度なのであと僅かだ。
このセミナーは、1985年に亡くなった城野宏先生の提唱された、情勢判断学・脳力開発の基礎的な思想&科学をベースにして、戦略的行動的な人材を目指す自己啓発研修だ。「元気塾」と名付けたのは、元気な(前向きで明るい)ことが全ての原点になる、という思いからだ。

1人でも多くの方に、城野先生の目指したものを伝えていきたいと思っている。詳しい案内および申込については下記のURLから。
http://homepage3.nifty.com/vanchan/pdf/0605%20NOKAI%202006.06.pdf

MUG例会

1ヶ月に1度のMUG(マイツール・ユーザーズ・グループ)例会、この春から澤先生のセミナールームを利用させてもらっている。今日は、伊藤さん(会長)と和田さん、そして僕の3人。MTを適当に操作しながら、疑問点や困っていることを出し合って意見を交換する。けっこう面白い発見もあった。MTとは良いソフトだなと改めて感心する。
終わり頃にはリコーの今井さんも顔を出してくれた。その後で3人で居酒屋交流会、和田さんにも転勤の内示を伝える。非常にびっくりした模様。8月のOA大会には必ず参加するとのこと。

MGシニア研修終わる

2日から3日間、MGシニア研修を受講してきた。通常のMG(ジュニア)研修が「行入」なら、シニア研修は「理入」、すなわちMGの思想と科学を深く学ぶこと。学んだことをいかに自社に活かしていくかを考える、それがシニア研修の大きな目的だ。
初日のMGからスタートし、夜はポケコン入力、2日目の管理会計講義とポケコンSTRAC演習、知的散策とマイツール教室、その夜はヨガ&瞑想と交流会。3日目はMGの思想を深く掘り下げて学び、インストラクションのポイントをつかみ取る。今回で多分8回目の参加だったと思うが、以前にも増して新鮮な学びだった。

帰り道の清々しい気持ち、これを忘れないでおこうと思う。新天地でのチャレンジにも勇気をしっかりいただいた感じだ。6名の同志と、西先生ご夫妻に心から感謝。

MGシニア

今日から3日間、神奈川県の三浦海岸で「MGシニア」研修が行われ、参加してくる。インストラクター研修だが、原則として3年に一度は受講するようにしている。本当は昨秋受ける予定だったが、日程が合わなくて半年ずれ込んだ。
MGに出合って、間もなく丸20年になる。最初のシニア研修は1988年の7月(神戸)だったが、それから多分10度目くらいの受講になる(顔を出したくらいの参加も含めて)のではないかな。いつも新鮮な人と情報に出合えるのが楽しい。錆び付いた頭をリフレッシュできるのもいい。
今回は特に、新しい環境条件に移る前の研修だけに気持ちもぐっと乗っている。これまで気付かなかった何かを感じることができるかも知れない、と大いに期待しているところだ。では3日間、しっかり学んで、しっかり交流してくることにしよう。

歴史を正しく学ぶこと

昨日の夕方から、ジャーナリスト・櫻井よしこさんの講演会が行われた。僕も(名前だけの)発起人に名前を連ねている、「長岡の歴史を伝える会」の設立記念講演会。
会長の沢秀一郎さんが櫻井さんとは長岡高校の同級生で、その縁から今回の講演会が実現した。たっぷり1時間半、歯切れの良い、そして舌鋒鋭い櫻井節を堪能した。
僕は歴史が好きで、明治維新以降の現代史についても自分なりの歴史観を、持っているつもりだった。しかし、櫻井さんの話で、これまでの記述をくつがえす次々に新しい事実が出てきていることを知った。こうなると現代史を、特に20世紀の日本の歴史を今一度しっかり学び直して、それを正しく伝えることの重要性を強く感じた。
まずは今一度日本の軌跡をたどってみることにしよう。その上で、自ら新しく公開された事実に目を通してみることにしたい。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »