« 素晴らしい金メダル | トップページ | 河井継之助記念館 »

三寒四温と2.26事件

 今日は久しぶりの休日、午後からはDVD映画を2本見てのんびり過ごした。外は時々の雨で、比較的暖かい1日だったようだが、夜半からは気温がぐっと下がって雪になるかもという予報だ。
 これからは三寒四温というのか、春の暖かさと冬に逆戻りの寒さが繰り返しながら、段々と本当の春に向かうのだろう。スギ花粉もそろっと飛び始めたのかも知れない。昨年の春は生まれて初めて花粉に悩まされたのだが、今年はどうなるかな。
 そういえば、昨日の大阪空港(JALカウンター)には早くもお雛様が飾り付けてあった。日没もゆっくりになってきたようだし、春よ早く来い。

 話は変わるが、70年前の今日は2.26事件だった。あの日の東京は確か大雪が降った日だったと記憶している。70年という長い時間の流れの中で、「歴史をキチンと学んでいない」子供達は、それってどんな事件?という疑問すら発しないのだろう。悲しいことだ。悲惨な戦争を体験したというDNAは受け継いでいかれないのだろうか。

« 素晴らしい金メダル | トップページ | 河井継之助記念館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/8844109

この記事へのトラックバック一覧です: 三寒四温と2.26事件:

« 素晴らしい金メダル | トップページ | 河井継之助記念館 »