« 企業倫理を考える | トップページ | 佐久平倫理法人会 »

非常ベルが鳴った

 今のマンションに引っ越しして間もなく丸2年である。2年間で初めて非常ベル・放送に出くわした。今朝5時過ぎのこと、倫理法人会のモーニングセミナーに出かけようとして、靴を履いてまさに玄関を出ようとした時だった。「火災が発生しました。すぐに避難してください」の緊急放送と非常ベルが突然鳴って、とにかくびっくりした。すぐに窓の外を確認したりしたが、まだ夜明け前とあって状況がつかめない。
 出かける用意のまま、非常持ち出しのものを1つだけ持って1階(我が家は7階)に階段を使って下りた。65軒入居しているが、下に顔を見せたのは多分半数くらいか。警備会社のガードマンが居て、消防車も2台やってきた。消防署員が駆け込んできて、「火元」らしい3階を調べに上がったが、外からは異常が確認されないという。火が見えるわけでもないので、内部確認をするから部屋に戻って構わないと指示があり、ホッとした空気が流れた。
 僕はそのまま出かけたので、実際に「火災」があったのかは確認していない。まさか誤作動などではないだろうし、気になるところ。きっと戻ったら貼り紙で事態の報告がされているだろうな。

« 企業倫理を考える | トップページ | 佐久平倫理法人会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/8345415

この記事へのトラックバック一覧です: 非常ベルが鳴った:

« 企業倫理を考える | トップページ | 佐久平倫理法人会 »