« 同友会MG開催 | トップページ | 雑誌のバックナンバー »

欠陥マンション騒ぎに思う

 首都圏を中心に耐震基準に満たないマンションやホテルの話題が、大きく取り上げられている。地域は違うが、マンションに住む身にとっては他人事ではない。我が家(14階建ての7階に住んでいる)の場合は、昨年10月23日の中越地震(震度6強他震度5以上が10数回)を体験して、一応はその耐震性を確かめた形になっている。
 しかしながら、もし自分がそんなマンションに住んでいたとしたらと思うと、戦慄する思いである。多分1分1秒もそこには居たくなくなることだろう。

 それにしても、かの1級建築士といい検査を行った業者といい、また実際に建築工事をした会社、さらには販売した会社、どれもが「自分は当事者ではない」と言った顔をしているのが腑に落ちない。責任のなすり藍を通り越してあきれるばかり。一体あれはなんなんだろう。
 そんな中で、建設業者の倒産(事業停止、法的処理検討)のニュースが伝わってきて、益々怒りがこみ上げてきた。国や役所も責任はないみたいな顔、そんなはずないだろうと言いたいところだ。

« 同友会MG開催 | トップページ | 雑誌のバックナンバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/7262330

この記事へのトラックバック一覧です: 欠陥マンション騒ぎに思う:

« 同友会MG開催 | トップページ | 雑誌のバックナンバー »