« 同友会MG案内 | トップページ | 赤煉瓦機関庫 »

幻の銘酒をいただく

 昨20日の夜、小千谷で中小企業家同友会長岡支部の例会があった。会場は老舗の酒蔵・新潟銘醸さんの会議室、吉澤社長さんから震災被災から新酒蔵出しまでの話を、写真や映像をまt_IMG_2155じえてお聞きしました。

 そして講話後の交流会で社長からお持ちいただいたのが、正に幻の銘酒「長者盛」の『秘蔵・拾年古酒』でした。この美味しさたるや、ちょっとやそっとの形容詞では表現できないほど。日本酒好きの私には本当にこたえられない味わいでした。

« 同友会MG案内 | トップページ | 赤煉瓦機関庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/6047671

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の銘酒をいただく:

« 同友会MG案内 | トップページ | 赤煉瓦機関庫 »