« 同友会MG決定 | トップページ | ライラ研修 »

民主党新代表に思う

 民主党新代表が43才の前原誠司さんに決まった。下馬評では菅さんが勝利するという予想が多かったが、結果は僅か2票差ながら前原さんが勝った。僕は民主党シンパでも、特に支持でもないけれど、今の民主党にとってはこの選択が正解だと思っている。最大の危機だから、実績があり多方面に顔が利く菅さんがふさわしいという向きもあろうが、相手は「自民党をぶっ壊してでも」と言っている小泉さんである。

 若いからいいというわけではないが、真っ向勝負を挑める清心性が必要だ。だいたい50代後半や60代が背水の陣の状況の中で、爆発的な力が出せようか。40代のパワーをぜひ示してほしい。危機的状況だからこそ、「何か起こるぞ」という期待を抱かせる前原さんが面白い。

 もちろん、党を真っ二つに割ったわけだからこれから大変だろう。それこそもがき苦しむだろうが、それをもバネにしてほしいと思う。そして、前原さんの動きを妨害するような単純な精神構造の持ち主が民主党の中にいるとすれば、それこそ「党をぶっつぶす」覚悟でやってもらいたいし、ブレーキをかけるような民主党では益々国民はそっぽを向くだろう。

 面白くなるぞ!との期待感を裏切らないでいただきたい。若手が主導権を握っていいじゃないか、それこそピンチこそチャンスになる。これで、「ポスト小泉」が誰になるのか、かなり面白くなったことも確かではないか。

« 同友会MG決定 | トップページ | ライラ研修 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/5995159

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党新代表に思う:

« 同友会MG決定 | トップページ | ライラ研修 »