« JR西日本事故から5ヶ月 | トップページ | 神棚を置いた »

親会社の社名変更

 親会社が来年7月から社名を変更することになった。よくあるケースで、(メイン)ブランドを社名にしてしまうということ。確かに、『トンボ』(学生服・スポーツウェア)なら多くの人が知っている。逆に『テイコク』株式会社と言っても、なかなかピンと来てはもらえない。その意味では、ブランド変更は意味がある。

 現在の社名になったのは1974年、私の入社2年前であった。それまでは『帝国興業』といういかにも古めかしい名前だったので、カタカナにしたのはかなり勇気のいることだったであろうし、当時としては目新しかったと思う。それから26年、実はその間にも変えようではないかという意見はあった。私が親会社で企画の仕事をしている時もあった。しかし踏み切れなかった。しかも最近は『トンボ』ブランド以外のネーミング商品が、かなり増えてもいる。思い切った選択か、遅きに失した選択か、ちょっと悩ましい。

 人心や気分の一新には効果があるだろう、しかも今年は創業130年でもある。商売の、あるいは創業の原点に返るという意味は大きいだろうし、様々なものの見直し、つまり整理整頓の基点にはなるだろう。この機会に不要なものは捨てることだなと思った次第。

« JR西日本事故から5ヶ月 | トップページ | 神棚を置いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/6140193

この記事へのトラックバック一覧です: 親会社の社名変更:

« JR西日本事故から5ヶ月 | トップページ | 神棚を置いた »