« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

ダイエー長岡店閉店

 明日8月31日をもって、JR長岡駅前(東口)のダイエー長岡店が閉店になります。長い間、長岡駅東口の顔だったものがなくなってしまうというのは、本当に寂しいことです。8月に入ってから閉店セールも佳境に入り、数日前からは店内にあまりモノがないといったような状況になっており、終焉のもの悲しさを感じます。

 ダイエーの後釜などは全く決まっておらず、駅前としては長崎屋(大手口)につづく大型店の撤退で、ついにヨーカドーが残るのみとなりました。テナント店は今後どうなるのか、それもまた気に懸かるところですが、スポーツジムは引き続き営業とのことでした。いずれにしても30万都市を目指す長岡市の駅前が、ますます空洞化していくのは時代の流れでは片づけてはいけないような気がします。

長岡MG終わりました

 2日目研修も無事に終わりました。今回の優勝(最優秀経営者賞)は、柏崎の川口農場・川口寛t_5082805さん(写真)。確かトロフィーを作ってから3度目の優勝だと思います。2位には初めて表彰状をもらうという、当社の田中賢治さんがはいりました。西先生の「利益感度」の講義は、最高に熱が入っていて、初心者の方にも非常にわかりやすく、明日からの仕事にすぐ役立つものでした。
 まとめの講義では、秋田・中央市場の千葉均さんの特別講話もあって、充実した2日間の締めくくりになりました。各地からご参加いただいた皆さん、大変ありがとうございました。
 終了後は駅前で「打ち上げ」そして二次会もおこない、さらに面白い情報交流があったことを付け加えておきます。

長岡MG開催

t_5082803  今年も毎年恒例の長岡MGを、MGの開発者・西順一郎先生(写真)をお招きして開催しました。県内外から44名の参加は、長岡MGでも2番目か3番目の人数だったと思います。一番遠い方は九州の佐世保からで、その他新潟産業大学の学生さんが4名参加、学生の内から経営の真髄を学べるなんて素晴らしいことだですよ。
 初日は、初心者が多い割には早く進行して、西先生の初日の講義もいつになく長い時間。その後の交流会も大いに盛り上がりました。初めての方も、それこそ20年以上もこの勉強を続けている方も、いつも新鮮な学びができるというのがMGの良いところです。

倫理法人会年度行事終了

 私が所属しています長岡西倫理法人会は、今朝のモーニングセミナーで今年度の行事をすべて終了、9/1から新年度に入ります。設立(2001.1202)から3年半余り会長を務められた田中さんから、新年度は新会長・郷さんへのバトンタッチ、また新たな思いで学びと気付きを続けていきたいと思っているところです。
 なお、当会のモーニングセミナーは毎週木曜日朝6時から、長岡グランドホテルの2階で行っています。会員の方はもちろん、ご家族や社員の方、お知り合いの方どなたでも参加できますのでお気軽にお越し下さい。(朝の苦手な方のは昼間や夜の行事もあります)

間もなく長岡MG

 毎年恒例の長岡MG(MGジュニアコース)が、今週27-28日に迫ってきました。昨日で最終の参加申込を締め切りましたが、今年は県内外から44名の方の申込をいただきました。初めてMGを体験される方も多く、ベテランの方にも大いに勉強になりそうです。気になるのは台風の接近、ちょうど前日頃に県内に接近しそうですし、遠方から来られる方の足に影響がなければいいのですが。

庄内交通デハ3

 山形県のあつみ温泉に出かけたついでに、ちょっと足を伸ばして鶴岡市の「善宝寺鉄道記念館」まで足を伸ばしてきt_5082108ました。この記念館は鶴岡-湯野浜温泉間を結んでいた庄内交通電車の、善宝寺駅跡を活用して作られたもの。ところが、殆ど閉鎖状態になってしまっていて中に入ることはできず、静態保存の車両・デハ3も錆がひどく下回りは雑草に埋もれているといった状態でした。いささか寂しい思いを抱いて帰りましたが、せっかくの歴史的記念物が末永く残ってほしいものです。

選挙モード高まる

 衆議院が解散し、9/11投票日に向かって選挙モードがヒートアップしてきている感じですが、無風といわれていた当地・新潟5区も風が強くなってきました。こちらは、あのマキコさんの選挙区ですが、自民党が若手の対立候補擁立を決めました。それに加えて、旧山古志村村長が比例区単独で立候補を決意されたとのニュースも。
 もちろん誰でもどこからでも国政選挙に名乗りを上げて良いわけですが、何だかちょっと大丈夫かいな、「これでホンマにいいんかな」って感じも受けてしまうんですよね。支持政党特になし・・・の私は今回はどう動くのかな。

長岡に戻りました

 5日間の帰郷を終えて、長岡に戻りました。今日は宮城県で大きな地震があったようですね、まだ大阪にいて気が付きませんでした。伊丹空港でインターネットにつないでみて、初めて知りましたが、新潟駅では秋田方面から迂回して東京に向かう帰省客もけっこういたようで、新幹線は通路にも乗客が溢れていました。
 地震はいやですね。中越の余震は10ヶ月経ってもまだつづいています。終わりが見えないっていうのも不安なものです。

ちょっと甲子園へ

 今日は午後から甲子園球場に高校野球の観戦に行ってきました。毎年帰郷した時には、できるだけ夏の甲子園の雰囲気を味わおうと行ってますが、今日は第2試合の途中からと第3試合を内t_5081504野席(銀傘の下)から観て来ました。天気が曇り空でカンカン照りでなかったのは幸いでしたが、それでもスタンド観戦は暑くて、早速生ビールを1杯。甲子園名物のかち割りは今は200円なんですね、昔は100円もしなかったなぁと思いながら。1プレー、1球ごとに拍手が起こる雰囲気が大好き、どちらのチームを応援するわけでもないけれど、良いプレーには自然に拍手が出ますね。

海津と醒ヶ井

 琵琶湖の北、今は高島市になっている旧マキノ町に海津という集落があります。琵琶湖岸のかつては海運によって開けた町で、今でも海に面した土蔵や石垣に当時の反映の面影が残っています。何となくそこに足を伸ばして来ましたが、他の町から移り住んだという古道具・古民具屋さんは、民家と土蔵を借りて暮らしているそうです。
 そのt_5081409後米原市の中心から東へ4kmばかり行った醒ヶ井に行って来ました。中山道の宿場町、湧き水が町中を潤し、バイカモ(梅花藻)が水中で可愛い花を咲かせていました。かつてはそのすばらしさに気づかないまま、絶滅寸前になっていたのを、僅か1株から復活させたとのこと。今では水を活かした手作りの町おこしが進んで、訪れる人も多くなってきたそうです。

陸上OB会

 実は高校時代は陸上競技部に入っていまして、つまり「体育会系」だっtなですね。現役時代は400mと800mが専門で、他にはリレーと走幅跳をやっておりました。対抗戦・定期戦となると、専門種目以外にもけっこうたくさんの種目をこなしたものです。
 夏は、最も伝統ある定期戦(三校戦)が行われるので、お盆で大阪に帰郷した時には必ず顔を出しています。高校を卒業して5年間くらいはOB戦にも出たりしていましたが、35年も経つとただもうスタンドから見るだけになりました。それでも血湧き肉躍るもので、現役時代の自分を重ねながら観戦してきました。
 夜はOB会という名の呑み会。そろそろ参加者の中でも最長老に名前を連ねる年齢になってきましたが、これからも夏は三校戦に顔を出し続けたいと思っています。

18時間の青春18きっぷの旅

t_5081201 大阪への帰郷を「青春18きっぷ」でのんびり行こうと計画、長岡を夜中の1:10に出発する「ムーンライトえちご」に乗車。かつては165系の専用車両で前との座席の距離も長く、しかもリクライニングも良かったのに、481系特急車両に変更になってサービスは大いに低下。リクライニングは中途半端、足を伸ばせるスペースも狭く窮屈。それでも満員でした。
 新宿に5:10着、8分の連絡で201系普通電車に乗り継いで高尾へ。高尾では2分連絡ですが、同じホームなので乗り継ぎはスムース、115系6連の普通で中央線を北上、この頃から雨がひどくなり霧も。おかげで楽しみにしていた夏山の山並みは殆ど見えませんでした。t_5081207
 上諏訪で3度目の乗り継ぎ、ここから飯田線を全線走破する「長距離鈍行」115系3連の豊橋行きに乗り込みました。同行の士らしき男性の姿も約1名。6時間半の鈍行旅、今日のハイライトでした。飯田線の全線走破は20年ぶり以上だったかも。さすがにお尻が痛くなりましたが、移り変わる車窓の景色を楽しみながらのんびり旅するのはいいものです。
 豊橋からは新快速を乗り継いで、夜8時前には大阪に到着しました。串カツ屋さんで、生ビールで1人乾杯しました。

夏休み突入

 今日から夏休み、今年は暦の関係で例年よりも少し短い1週間。明日12日からは大阪の実家に帰郷の予定。のんびりと鈍行電車の旅を楽しみながら、文庫本を片手に景色を楽しみながら・・・「亡国のイージス」を読もうと思っています。できれば帰郷中に映画も見たいし。映画を見る前に読み切れるかどうか、、、

今季最高スコア

 水戸郊外のゴルフ場で、兄弟販社の仲間たちと親睦ゴルフ。真夏の暑さを覚悟していたのですが、ずうっと曇り空で時々雨。それもプレー中はやんでくれているというラッキーな1日でした。おかげということもないのでしょうけど、今季の最高スコア(42/43=85)で上がることができましたし、バーディも1つ。短いミドルホールでしたが、ワンオンを狙うという「生まれて初めて」のことにもチャレンジ、結果はグリーン横のエッジに。そこからイーグルパットをはずしてのバーディでしたが、気持ちいいですね。
 今月初めにオフィシャルハンデも1つ上がって23、今年はなかなかプレーする機会も少なくて、1回1回を大事にやっているのがいいのかも。昨秋代えたドライバー(宮里藍モデル)がしっくりきだしたのが、スコアアップにつながっているのかな。(^_=)

鉄研OB会参加

 実は大学時代に鉄道研究会というサークルに入っていまして、そのOB会が毎年開催されているのですが、ようやく今年初参加することができました。私を含めて7人の参加、初めてであった後輩の方もおられましたが、いずれにしても30年ぶりの再会でした。私のようにのんびり列車に乗るだけの楽しみの方、模型に情熱を燃やしている方、写t_5080615真を撮り続けている方などなど、それぞれの趣味で大いに盛り上がりました。t_5080701

 初日の6日は静岡駅に降り立ち、新静岡駅から新清水駅までの静岡鉄道に乗車、次いで吉原に向かい岳南鉄道=写真左=(吉原-岳南江尾)を往復、さらに三島-修善寺間の伊豆箱根鉄道に乗ってきました。2日目は小田原から箱根登山鉄道=写真右=を終点強羅まで往復、藤沢に回って江ノ島電鉄を鎌倉まで完乗してきました。

連日の猛暑

 暑い、暑い、、、と言ってもしょうがないと思っても、やっぱりついつい暑いと口に出してしまいます。とにかく8月に入って、連日日中は35度前後の暑さ。風が熱波、あるいは熱風という感じで襲ってきます。多分昼間の道路上は40度を超えているのではないかと思えるくらいですが、皆様もどうぞご自愛のほど。こんな時には、逆に熱いお茶をちょっと少なめに煎れて呑むのが良いようですよ。

長岡大花火

 震災から9ヶ月半、今年も「長岡まつり」が開催されています。昭和20年8月1日の長岡空襲で失われた1400余名の霊を慰めることから始まった大花火も、今年は復興の意気込みを示そうというエポックメイキングな大会になりました。信濃川の河原に詰めかけた観衆は39万人、始まる1時間前には殆ど立錐の余地もないという賑わいとなりました。

 まつりに合t_5080302わせたように夏の日射しが一気に強くなり、日が落ちてもまだ30度近い気温の中で鎮魂花火から大会がスタート、全長900mの大手大橋にかかるナイアガラ仕掛け花火が気分を盛り上げます。直径650mの三尺玉2発、市政99年にちなんだ尺玉99連発、そしてフィナーレは250mおきに設置された打ち上げ台からの尺玉連発同時打ち上げという、名付けて「フェニックス花火」(写真)でした。16年間見続けてきた私も、感動で胸がいっぱいになりました。

 大花火大会は3日も、行われます。

青春18きっぷの旅

t_5073106   急遽決まった岡山出張(8/1)の前日がちょうど日曜日、ということで7/31(日)久し振りに「青春18きっぷ」を使った鈍行列車の旅を楽しむことにしました。当日夜は大阪の実家に泊まるということで、長岡を信越線始発(6:42)で出発。途中、直江津、富山、金沢、福井、(敦賀)、米原で乗り換えて大阪まで。推理小説2冊がちょうど読めましたし、途中の名物弁当も食べられました。

 富山あたりから天気があやしくなって、やがて雨になり、「敦賀付近で大雨のため運転見合わせ」というハプニングがあったり、電車の遅れもありましたが、それなりに面白い旅でした。なお、直江津から福井までの間では419系車両に3回乗車しました。老兵まだがんばってるなぁって感じです。まだしばらくは残るのかな、でもかなり色あせ汚れも目立ってますね。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »